ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

ウォーキング・デッド

ウォーキング・デッドシーズン3第13話「休戦協定」リックと総督は話し合いをすることになるが。。。

投稿日:

街へ武器を調達に行ったリックたちですが、そこでは以前命を助けてもらったモーガンとの再会がありました。
しかし、モーガンは以前とは変わってしまったんです。

子供が元妻であるウォーカーに襲われ目の前で亡くなってしまって精神的にも参ってしまい、ウォーカーたちを「駆除」し続けていたんです。
リックは刑務所に一緒に来るように説得しますが、モーガンは聞き入れることはなくリックたちは彼を置いて刑務所へ帰っていきます。

久しぶりの登場となったモーガンですが、かなり悲惨なことになってしまい、人格まで変わっちゃいましたね。。。
しかし、このモーガン。今回だけの登場ではないんですよね。

後々、リックたちと再会することになるのですが、その時はかなり重要人物になっているんです。
次回のモーガンとの再会が楽しみですね!

前回のおさらいはこちらから!

アンドレアの仲介で話し合うリックと総督だが。。。

ハーシェルは車からじっと外を眺めていた。
リックとダリルは銃を持ちある納屋に向かっていく。納屋の前では一体のウォーカーが額を矢で射抜かれて倒れていた。

リックはダリルと別れ納屋に侵入。
そこには総督が彼を待ち構えていた。

総督は銃は持っていないと手を挙げてアピールする。
リックは何も言わずただ総督を見つめ続けていた。。。

リックは総督を見つめながらゆっくりと銃を降ろし、二人は椅子に座った。

ダリルは納屋の外で警戒しているところ、ハーシェルが車でやってきた。
その時、車でアンドレア、マルティネス、ミルトンが現れる。

アンドレアはリックと総督がいる納屋の扉を開ける。
アンドレアは二人に対し、争うことをやめて和解するよう説得する。

リックは総督に全て聞いたという。
奇襲のこともメルルのこともだ。

しかし総督は余裕な態度で和解しようとリックに持ちかける。

納屋の外ではダリルとハーシェルがマルティネスとにらみ合っていた。
ミルトンは我関せずかメモ帳に何かを書いている。

ハーシェルは中のことが心配になり、様子を見に行こうとするが、ミルトンが総督がリックと二人で話したいと言い止める。
ダリルはミルトンに誰だといい、ミルトンは名乗るものの下っ端にこれ以上話す気はないという。

ダリルはイキがるなと脅すが、マルティネスが黙っていろといい一触即発ムードに。
その時ハーシェルがダリルを止め、交渉が決裂すれば殺し合いができるというのであった。

スポンサーリンク


刑務所では総督との戦争のために準備を進めていた

刑務所では総督たちとの戦争のため武器を集め戦いに備えていた。
グレンは壊れたフェンスを直しに行こうとした時、メルルが止め、彼らに今こそ、その武器をトラックに積んで総督を訪ねるべきだと言った。

総督を殺せというのかというグレンにメルルはそうだと答える。
ミショーンはリックに、ここで待機すると約束したとメルルに言う。

しかし、メルルは弟のダリルの危機を傍観するなんてできないといい、グレンは無理に行くと逆に危険だうまくいかないと反論する。

今は待機するというダリルにメルルは苛立ちを抑えるように立っていた。

納屋ではリックと総督のお互いを探り合う攻防戦が繰り広げられる

アンドレアはこんな世の中になってしまって、リックと総督と出会ったことでどちらにつけばいいのか悩んでいた旨を語ろうとする。

しかし、総督はアンドレアの話を遮るように、リックに条件を聞く。
リックはウッドベリーは川の西、こっちは東とし、互いに領域を侵さないと提案する。

しかし、総督はリックが私たち地図を見て、これはなんだと聞く。
アンドレアは解決策だというが、総督は納得がいかない。

リックはどういうことだとアンドレアに詰め寄り、交渉するんだろという。
しかし総督は確かに話すとは言ったがアンドレアに条件を決める権限はないと反論する。

そして、総督の条件は一つ。「降伏だ」という。
リックは激怒し「降伏させてみろ。次は容赦しない」とすごむ。

アンドレアはリックを止めようとするが、総督から出て行けと言われる。
総督はリックと話したいと言い彼女を納屋から追い出す。

リックは総督と二人きりになり、話し合いを始める。
総督はリックの子供はシェーンの子供ではないのかとリックを挑発する。しかし、リックは動じない。

総督は現在の世界になる前の話をし始める。
妻が交通事故にあったと連絡があり、二度と会えないと悟ったと。最後は何を言いたかったのかわからないままだと言った。

一方、ダリルとマルティネス。
マルティネスは妻子が殺されたのだをダリルに身の上話をする。そして、総督は話し合いは口実でリックと殺しあうだろうとダリルに打ち明ける。

ハーシェルとミルトンはハーシェルの切断した足のことで経緯を話すと興味を持ち始める。

刑務所ではメルルが武器を集めダリルを助けに行こうでて行こうとするが、グレンに止められ取っ組み合いになる。
そしてメルルはみんなに取り押さえられる。
メルルはミショーンに総督を殺そうと持ちかけるが断られる。

グレンはマギーに今まで自分は身勝手だったことを話し、マギーと和解する。

総督はリックたちが持っている武器を渡すよう条件を出す。そしてミショーンを。。。

総督はリックが大量の武器をモーガンから入手したことを知っているとほのめかす。
武器を全て渡せば二度と会うことはないといい、条件をのまなければ全面戦争だと脅す。

そして、彼のもう一つの望みはミショーンの命であった。
総督は目の傷をリックに見せる。

ミショーンを渡せば今までのことは水に流すという総督にリックは、総督のこれまでの統率力を認め、なぜミショーンにこだわるのか、これまでの栄光に傷がつくぞと聞く。
しかし、総督は条件を飲めば、子供たち、仲間たちが救えるぞという。

リックはミショーンを渡せば命の保証はあるのかと問い詰める。
総督はその質問には答えず、「二日後だ」と言った。二日後にもう一度会って確認するといい納屋を出て行った。

総督はウッドベリーに戻るとミショーンが来たら刑務所の人間は全員殺せとミルトンに命じた。
ミルトンは殺戮だというが、総督は街は守れる。リックは生かしておけないと言った。

リックは刑務所へ戻り、みんなを集め、ウッドベリーとの戦争が始まることを話す。

そして、外に出てハーシェルと話し、ミショーンはもう自分たちの大切な仲間であることを話す。

リックはハーシェルに彼女のために娘の命をかけるか?と問う。
なぜ聞く?とハーシェル。

リックはハーシェルに「止めて欲しいからだ」と言った。。。

ウォーキング・デッドをいつでもどこでも見放題はこちらから!

超おすすめ!動画配信サービス!
Amazonプライム・ビデオ 年間3,900円で映画・ドラマ・アニメが見放題!
しかも、音楽は100万曲聞き放題でKindleも1か月に1冊無料!
Hulu 日本で今一番使われている動画サイト!
月々933円でいつでもどこでも見放題!
dTV 月額500円!ドラマや映画・アニメも見放題!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-ウォーキング・デッド

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.