ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

ウォーキング・デッド

ウォーキング・デッドシーズン4第4話「傷だらけの絆」殺人を犯したキャロルとの別れ

投稿日:

とうとう前回、カレンとデイビッドを殺した犯人がキャロルと判明し衝撃を与えました。
あんなに優しかったキャロルが残忍に人を殺してしまうなんてって思ったんですが、キャロルの気持ちもわからなくもないですよね。

このままワクチンもない状態で感染者が増えていき刑務所内の住人達が全滅する前にやむなく殺したのはある意味しょうがないのかと。。。
しかし、このことをタイリースが知ったらどうなってしまうでしょうね。。。

それぞれの思惑が入り乱れる中、リックはどうやって判断し問題を解決してくのか今度の動向が気になってしょうがないですよね。
ウォーキングデッドシーズン4も前半から飛ばしまくってますね!

前回のおさらいはこちらから!

大きな決断をするリック。そしてカレンとデイビッドを殺害したキャロルとの別れ

リックは独房棟で無言で傷の手当てをしている。
キャロルはリジーを訪ね、リックと食糧調達に行くという。そしてキャロルはリジーに強く生きるんだと励ますのであった。

リジーはキャロルにみんなが死んでも蘇ると言い、キャロルは蘇っても別の何かよと答える。
リジーはでも別の「何か」にはなるでしょ。と意味深げなことを言う。

キャロルはリジーに強くなって必ず生き続けるのよと言うのであった。

獣医大学へ向かっていたダリルたちであったが途中でウォーカーの群れに遭遇してしまい、たどり着けず立ち往生していた。
タイリースは一日を無駄にしたため、いまさら努力しても手遅れだと嘆く。

その頃、リックとキャロルは無言で車を走らせていた。
キャロルはリックに「命を救いたかったの」とカレントデイビッドの殺害を自白する。
キャロルは「誰かがやるべきだった」というが、リックは納得できない様子で「たぶん」と答えた。

スポンサーリンク


住宅街についたリックたちはあるカップルに遭遇する

住宅街にきたリックは車を降り、近くにあった車を確認する。
家の中を物色していると若いカップル(アンとサム)に遭遇する。

アンは足が不自由だったが、サムが救ってくれたのがきっかけで一緒にいるようであった。
しかし、サムは肩を脱臼しており、キャロルは彼の肩を治療する。

ダリルのグループはガソリンスタンドでミニバンを見つける。車を覆い尽くしている草を取り払った際にウォーカーが襲ってくる。
タイリースは襲ってきたウォーカーに噛まれる寸前でダリルとボブに助けられる。

ダリルたちは獣医病院につき医薬品を探す。
その時、ミショーンはボブが何かを素早くリュックに入れたことに気づく。

家の中を物色しながらキャロルはリックにカレンとデイビッドを殺したことを釈明する。
キャロルはリックがシェーンを殺したことをあげ、自分も仕方なくみんなが感染して死ぬ前に殺したのだと主張する。

リックとキャロルはサムたちを待っているが一向に現れない。
そして通りの向こうでアンがウォーカーに蝕まれている姿を見つける。

リックとキャロルは車に荷物を積み込み、キャロルは助手席のドアを開けようとするが、ロックされて開かない。
リックはキャロルに一緒に刑務所には戻れないと告げる。

タイリースがカレンとデイビッドをキャロルが殺害したことに気づくと殺されるだろうという。
キャロルは「誰も知る必要はない」というが、リックは「俺がいてほしくないんだ」と言う。

獣医大学でウォーカーの群れに襲われるダリルたち!

獣医大学では医薬品を集め出口に向かおうとしたところでウォーカーの群れに出くわしてしまう。
別の出口を探し逃げようとするが、ボブがウォーカーからリュックを奪われそうになるが、手を離さない。
何とかウォーカーからリュックを取り返すが、中から酒瓶がこぼれ落ちる。

ダリルはボブに薬より酒が大事かと責める。

その頃リックはキャロルがサムとアンが乗ってきた車に荷物を積むのを手伝っていた。
キャロルは亡き夫からもらった記念日の腕時計をリックに渡し、去って行った。。。

ウォーキング・デッドシーズン4の見放題はこちらから!

超おすすめ!動画配信サービス!
Amazonプライム・ビデオ 年間3,900円で映画・ドラマ・アニメが見放題!
しかも、音楽は100万曲聞き放題でKindleも1か月に1冊無料!
Hulu 日本で今一番使われている動画サイト!
月々933円でいつでもどこでも見放題!
dTV 月額500円!ドラマや映画・アニメも見放題!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-ウォーキング・デッド

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.