ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

ウォーキング・デッド

ウォーキング・デッドシーズン7第16話。救世主との戦いに思いもよらぬ裏切り!

更新日:

ウォーキングデッド シーズン7もいよいよ最終回となりました!
前回のラスト、リックたちの前に現れたのは、なんとドワイトでした。

なんとドワイトは、ニーガンたち救世主を倒そうとしているリックたちに手を貸そうというのでした。
なかなか、信用できないリックたち。リックはドワイトに銃を向け、ひざまずけと言ったところで終わりました。

本当にドワイトは信用できるのでしょうか。

ニーガンとの全面戦争も間近となり、リックたち連合軍は勝てるのでしょうか!?
そして、単独で乗り込んでとらわれの身となったサシャの運命はどうなってしまうのでしょうか。

シーズン7最終回!もう見逃せないですよね!

前回のあらすじはこちらから!

ウォーキング・デッドシーズン7第15話。意外な人物がリックたちに協力!?

前回サシャとロジータがたった二人でニーガンのアジト、サンクチュアリへ乗り込んで行きました。 しかし、サンクチュアリではユージーンがニーガンの仲間となってしまってロジータはブチギレ! しかも、二人でサン ...

続きを見る

※1か月無料お試し!おすすめ動画配信コンテンツ

2週間無料、月額980円はHulu

1か月無料、月額500円はdTV

リックたち連合軍VS救世主の全面対決の勝敗は!?

暗闇の中、音楽プレーヤーの光でサシャの顔が浮かび上がる。
サシャは暗闇の中イヤホンをし、音楽を聴いていた。。。

ふと、気づくとサシャはソファに横になっており、死んだはずのエイブラハムが彼女を起こす。
エイブラハムに起こされたサシャは彼の顔を見るなり、熱いキスをする。。。

エイブラハムはマギーが子供を妊娠したからヒルトップの医者のところへ行かなくてはいけないと言う。
しかし、サシャはいかないでと彼にいうのであった。。。

気が付くとサシャはサンクチュアリの独房に横たわっていた。
そこへニーガンがやってくる。

ニーガンはサシャに食べ物を与え、「物事を軌道に戻す手伝いをしてくれ」を言う。
サシャは私に何をしろと?という。

また、気づくとサシャはマギーと倒れた木に座っていた。。。

スポンサーリンク


アレキサンドリアでは寝返ったドワイトとリックたちが。。。

アレキサンドリアへ現れたドワイト。

ダリルは彼の顔をにらみ続ける
リックはドワイトに「俺を見ろ」と言う。

ドワイトに銃を突きつけたままリックは「なぜだ?」という。
彼は「ニーガンを殺したい」というのであった。

リックは「自分で殺せ」といい、アイツらが全員ニーガンだという。
そしてタラが前に出て、「あんたが殺した子には名前があった。」といい、「デニースは医者で人を救ってた」と言う。

ドワイトが「狙いは違った」というと突然、激怒したダリルがドワイトを壁に押し付け、顔にナイフを突きつける。
タラはダリルに「やって。やってよ。」という。

ドワイトは「これでいいなら、やればいい。悪かった。本当に。やりたいんだろ」と言う。

リックたちはドワイトが言っていることは信用できないようであった。
しかし、ドワイトは「弱みがあったが、今は違う」と言う。
ある人のためだ。彼女は出ていったと言うドワイト。

そして、自分はアレキサンドリアに来たのだといい、ダリルも彼女のおかげで出られたんだという。

タラは殺してと言う。
ドワイトは俺は信用されている。協力すれば止められる。そして、あの時の俺と変わっちゃいないんだ。嘘じゃないというのであった。

なおもタラはダリルに殺してとせがむ。
しかし、ダリルはドワイトからナイフを引く。

そこへロジータがダリルにサシャがつかまっていると伝える。
もっと早く言えと言うダリル。

ジーザスは彼を使えるかもと言うが、ミショーンは信用できないという。
ドワイトはじきにニーガンがやってくる。明日3台のトラックで20人引き連れてくると言う。

そしてドワイトは道に気を倒して足止めするという。
時間稼ぎになるからはじめにそいつらを殺せとと言うのである。

済んだら、聖域(サンクチュアリ)に連絡すると言うとリックたちは聖域とは?と聞く。
ドワイトはサンクチュアリはニーガンとアジトだと話すのであった。

そしてドワイトは労働者たちを仲間にし、味方の数を増やしていき基地を一つずつ潰して終わらせると言うのであった。

リックは言う「続けろ」

アレキサンドリアから帰っていくドワイトの後姿をリックとダリル。
リックは「始まったな。すべてが」というと、ダリルは「嘘なら嬲り殺す」と言う。

リックはダリルの嘘ならとっくに殺していただろと言うのであった。

思い出と現実を行き来するサシャ

再び、暗闇の中で音楽を聴き続けるサシャ。

「もう行かないと」

再びエイブラハムとの思い出に戻る。
サシャは夢を見たの。あなたが。。。というと、エイブラハムは俺の夢を見たのか?と聞く。

サシャはあなたが死んだというのであった。。。

再び、現実に戻る。
「そういう計画だ。君も協力してくれ」というニーガン。
サシャが出てくるときには何も言うな。
君を見れば彼らはひざまずく。そしてルシールが3人殺し、新たな理解を得て前へ進むんだ。

涙ぐむサシャにその涙は本物か?と聞くニーガン。
誰も死ぬ必要はないというサシャに、ニーガンは「違うね。誰かが死ぬしかない」という。

罰が俺たちの全てを築いてきたと言うニーガン。
それでも誰も殺す必要はないというサシャにニーガンは、「わかった。一人だ。」といい、45分後に出発だといいその場から去っていくのであった。

再びサシャはマギーと二人で倒れた木に二人で座っていた。。。

ヒルトップではマギーがアレキサンドリアに加勢するように住民たちを説得する

そのころヒルトップでは、マギー、ジーザス、イーニッドが話をしていた。
アレキサンドリアとサンクチュアリとの戦いのことだ。
リックたちはマギーたちにここに残るように言っており、ヒルトップではグレゴリーが消えたことになっていた。

マギーはヒルトップの住人を説得し、アレキサンドリアに加勢した方がよいのか悩む。
ジーザスはそんな彼女の姿に笑みを浮かべる。

マギーはなぜ笑うのと言うと、ジーザスは「決断をするのは君だから」という。
マギーはそばにいたジュディスを見る。

イーニッドが彼女を連れていくといい、マギーにハーシェルの形見の懐中時計を渡す。
マギーはハーシェルの形見の懐中時計を見つめるのであった。

王国はキャロルが兵士を引き連れアレキサンドリアへ向かう

キャロルは武装し王国の兵士たちを引き連れアレキサンドリアへ向かっていた。
すると道の真ん中にまたもやスーパーのかごが列をなして道をふさいでいた。

キャロルは銃を構えてと言い、あたりを警戒する。
するとそこに武装したモーガンの姿が。

キャロルはモーガンに近づき、救世主たちに奇襲をかけようとしていたのかと聞くとモーガンはうなずく。
キャロルは一人では無理よと言う。

そこにエゼキエルが現れ、モーガンに「己のすべてを抹消する気か?」と聞く。
モーガンは「そうではないが、行き詰った」と答えた。

エゼキエルは救世主を殺したいのか?と聞くとモーガンは憎しみを込めて「そうだ」と答える。
するとエゼキエルは愚行はやめろ。隊に加わるのだといい、共に戦うのだというのであった。

アレキサンドリアへ集まるジェイディスの同盟軍

廃棄場で同盟を組んだジェイディスたちがトラックと自転車にのりアレキサンドリアへと到着する。
ジェイディスはアレキサンドリアをみて守るべき場所ねという。リックは守るのは仲間だ。もちろん君たちもだという。

ジェイディスは言う。
奪うのが私たちのやり方だけど、他の方法もある。

ジェイディスはミショーンにリックを、あなたのもの?と聞く。
ミショーンは大事な人よと答えるが、彼女は後で彼と寝るというのであった。

驚くミショーンにジェイディスは悪い?と聞く。
戸惑うリック。ミショーンは始めようといい、それぞれ救世主たちが来る前に戦いの準備に取り掛かるのであった。

廃棄されたトラックの積み荷でダリルとロジータ、アーロンは爆弾の準備をしている。

一方、救世主はアレキサンドリアへ向かう途中で立ち往生していた。
気が倒れ先に進めないのだ。

ユージーンはニーガンに近づき、アレキサンドリアの連中を説得したいと申しでるのであった。。。

またアレキサンドリア。
タラは車でバリケードを作る。
ミショーンは建物のベランダからスナイパーライフルで援護するためジェイディスの仲間と待機する。

一方、サシャは暗闇の中、いまだ音楽を聴いている。
サシャはつぶやく。「これからどうなるか。結末は見えている。」

すると、またエイブラハムとの回想へ。
エイブラハムは「これからどうなるか。結末は見えている。」という。

エイブラハムは言う。ドアを開けていき。奴らを叩きのめすのが俺たちだ。
サシャは今回はやめて。ここで戦いに備えるのよ。と言う。

エイブラハムはいったん何かを考えているかのように下を向き、サシャにいう。
俺はどうやって死んだ?

サシャは答える。
エイブラハムがビーチにいて、海に潜ったが、あがってこなかった。
サシャも探したが、自分もおぼれてしまったと。

エイブラハムは、自分は海が嫌いだといい、今日はマギーをヒルトップへ連れていくための警備だという。
しかし、サシャは彼を止める。マギーは自分で守れると。。。

サシャの回想場面はサンクチュアリへ移る。
サシャはユージーンと通路を歩いていた。ユージーンは毒薬を飲まなかったのかと彼女に聞く。
サシャは「えぇ」と答えるとユージーンは「よかった」という。

場面はまたサシャとマギーが二人の場所へ。。。
サシャは「なぜここに?」という。
するとマギーは「このためよ」と一言。。。

ジェイディスたちの裏切り!リックたちは再び危機に!?

アレキサンドリアではジェイディスの部下が何やら笛を吹いて合図を送る。

そこへ一台のトラックがくる。
そこに現れたのはユージーンであった。

ユージーンは拡声器でリックたちに降伏するように伝える。
完全にニーガンに寝返ったユージーンを見て驚くもの。ロジータは涙目を浮かべ怒りを抑える。

ユージーンは「うけいれるか?」とリックに言う。

リックは「ニーガンは?」と聞くと、ユージーンは拡声器を下ろし、「私がニーガンだ。」と答えるのであった。
リックは天を仰ぎ目をつむる。そしてロジータと目を合わせうなずく。

ロジータは先ほど仕掛けた爆弾のスイッチを入れる。
。。。しかし、爆発しない。

戸惑うロジータ。
リックは何かに気づき腰の銃に手を当てるが、先にジェイディスがリックに銃を向ける。

そして、ジェイディスの部下たちはアレキサンドリアの仲間に銃を向ける。
ジェイディスたちは裏切ったのであった。

ジェイディスの部下はゲートを開ける。
トラックからはニーガンとドワイト、そして救世主達が出てくる。

ミショーンもライフルでそれを確認するが、後ろにいたジェイディスの部下がミショーンに銃を向けていた。
部下の女はミショーンにいう。

私たちが勝つ

リックたちのピンチを救ったのはウォーカーとなったサシャであった!?

ニーガンはリックに言う。
馬鹿なリックを知っているか?自分が無知だと気づかずに。大切なものを全員殺しちまう奴だ。

後ろではドワイトが下を向いている。。。

そして、アレキサンドリアの仲間に銃を捨てさせろと言う。
リックは誰も何も捨てさせないという。

そしてリックはジェイディスに「契約したろ」と言うが、後で洗われたものとの契約の方が好条件だったというのだ。

ニーガンは言う。
爆弾で俺たちを吹っ飛ばそうと思っていたのか?俺たちはわかるが、仲間のユージーンも殺そうとしたのか?
彼は勇敢に前に出たのに、お前たちは獣同然だと。

世界がサインを出したのに、お前たちは中指を立てやがった。

ニーガンはドワイトとサイモンを呼ぶ。
ドワイトとサイモンはトラックから棺を出す。

ニーガンは言う。
ユージーンが嫌いになってもサシャは好きだろ?俺も好きだ。
棺をルシールで軽くたたき彼女はここにいる。元気にしてるぜと言う。

そして、アレキサンドリアには大量の武器があると知っている。
銃をすべて渡せと言うのであった。

リックへルシールに一人選べと言う。また、ダリルも返してもらうと。早く渡さないとサシャとお前たち全員が死ぬと言う。

そして、ニーガンはサシャが入っていた棺を開ける。

再び暗闇の中のサシャ。
そして、エイブラハムとの会話の場面に戻る。
サシャはエイブラハムを引き止めていた。

エイブラハムはサシャにキスをする。
エイブラハムは立つと、サシャは待ってという。

エイブラハムは「お前はごまかしを見抜く。俺も見習おう。」といい、「次は”私が行くから残れ"と言い出す」と言うのであった。
「"マギーは自分を守れる"なんてセリフは一生お前を苦しめる。考えただけで償おうとする。そうだろ?」と言うと、サシャは「えぇ」と答えた。

エイブラハムは言う。
この肉体を誰よりも先にまな板に載せるといい、常に人のためだ。俺たちの死に意味がないとだめだ。すべてに意味があると実感しなければ何から何まで戦場でもビーチでも今日もどこかでもマギーも未来を担っている。

サシャはそのとおりよ。こうなることはわかっていたわ。といい、準備をする。

エイブラハムは「なぁ」とサシャに言う。
誰かのためにケツを出し、引き裂かれてもいい。そう言ったろ?それこそが人生だ。

サシャは笑顔で「馬鹿ね」と答えた。
エイブラハムは言う。「否定はしない」

そして二人は部屋を出ていく。

場面はサンクチュアリに移り、ドアを開けるユージーン。その後ろにサシャがついてくる。
サシャは数時間かかるの?と聞くと回り道をするのかもしれないといい、彼女に音楽プレーヤーを渡す。

サシャはユージーンに「今からでも遅くない。あなたをあきらめないわ。」と言う。

ニーガンはサシャに棺桶に入るようにいう。
サシャは水を欲しいと要求する。

ニーガンはサシャに近づき、辛いだろうが感謝するというのであった。
棺のフタを閉めるニーガン。

サシャは音楽プレーヤーを起動し、ダニー・ハサウェイの「いつか自由に」を選曲する。
そして、以前ユージーンからもらった毒薬を見つめる。サシャは毒薬を飲み込むのであった。。。

場面は変わりニーガンが棺をルシールで軽くたたきサシャが入った棺を開ける。
すると、ウォーカーになったサシャがニーガンに襲い掛かるのであった!

アレキサンドリアと救世主たちの銃撃戦!最大のピンチに現れた同盟軍!

ウォーカーとなったサシャがニーガンを襲った瞬間、カールが銃を向けていたジェイディスの部下の足を撃つ。
一気に銃撃戦に突入する。

ミショーンはジェイディスの部下ともみ合いになる。

ダリル、ロジータはゲート近くで銃撃戦をするが、ロジータが肩を撃たれ、タラが駆けつける。
リックはジェイディスに銃を向けられたまま動けない。

ウォーカーのサシャはニーガンを襲うが、助けに入った救世主の顔を食いちぎる。
その間にニーガンは逃げ、サイモンと車の陰に隠れる。そして「プランBだ」と言う。

ジェイディスはリックに銃をむけ、座ってと言うが、リックは取引しようという。
しかし、ジェイディスはリックの腹を撃ち、けり落とす。

ダリル、カール達は銃撃戦をしているとき、ミショーンは血を流していた。
ジェイディスの部下の女に何度も殴られていたのだ。

腹を撃たれたリックはジェイディスに広場へ連れて行かされる。
そこには跪いたカールの姿が。ニーガンもそこにおり、リックも跪かせる。

ミショーンはジェイディスの部下に首を絞められていた。
ミショーンはそばにあった花瓶のかけらで彼女の頭を攻撃する。

ニーガンはリックとカールを跪かせ、話をする。

リックは周りを見るとアレキサンドリアの住人がつかまっていたり、殺されたりしている光景が。
するとミショーンが待機していた家から悲鳴と共に誰かが落ちる。

リックとカールは驚きを隠せない。
それを見ていたニーガンはリックに「おっと。大事な人を失ったようだ。」という。
あれほど警告していたのに。お前には罰が必要だというニーガン。

そして、ニーガンは今からカールを殺す。といい、カールを殺した後、このルシールがお前の両手を潰すと言った。

リックは言う。
目の前でやるがいい。俺の両手を潰せ。前にも言っただろ。俺はお前を殺す。お前たち全員だ。今日や明日でなくても何があろうとそれは変わりはしない。

すでにお前は死んでいる。

ニーガンは怒りを抑え、笑みを浮かべる。
「まったく、お前って奴は。いいだろう。やれと言ったな。」といい、カールのハットをとりルシールを振りかぶった瞬間、突然シヴァが現れ、そばにいた救世主に襲い掛かる。

それをみて驚くニーガン。

そこに現れたのは王国の軍団であった。
エゼキエルは「救世主と共謀者を一掃しろ!」という。

王国の軍は救世主たちに銃を撃ち銃撃戦に!
エゼキエルは「アレキサンドリアを崩壊させない!」と言う

キャロル、モーガン、シヴァが救世主を一掃していく。

リックが銃を拾おうとしたとき襲い掛かる救世主を撃つマギー。
ヒルトップの仲間も駆けつける。

ダリルも銃撃戦に加わり、救世主とジェイディスの仲間を倒していく連合軍。

ジェイディス達は信号弾をあげ、スモークを炊いて退散する。
救世主たちも逃げていく。

アレキサンドリアから救世主たちを追い出したリックとカールはミショーンの元へ向かう。
先ほど落ちたのはジェイディスの部下の女であった。

ミショーンは血だらけで倒れていたが、何とか生きていた。
ミショーンにハグするリック。

逃げ帰ったニーガンはリックたちとの戦争の準備を始める!

サンクチュアリに逃げ帰ったニーガン。
ユージーンに彼女はなぜ棺の中で死んだ?と聞く。

ユージーンは考え得る原因は防水シートだろう。箱が完全に密閉され、窒息したという。

しかし、ニーガンは彼に疑いの目を向け、「かもな」という。
そして、サンクチュアリの外にでるとそこには多くの救世主たちが集まっていた。

ニーガンは言う。
「さて、いよいよ戦争だ。」

「了解!」

マギーとジーザスは森の中でウォーカーとなったサシャを見つける。
涙ながらにサシャにとどめを刺すマギー。

ダリルはゲートで兵士の人形を拾う。
裏には「知らなかった」という文字が。

治療室では負傷したロジータの傍にタラが。
ミショーンの傍にリックがいた。

そして、アレキサンドリアの広場では連合軍の前でエゼキエル、リック、マギーが台の上に立つ。

場面はサシャとマギーの二人が倒れた木に腰をかけ、夕日を見つめる。
お互いを見つめあい笑顔になる二人。

再びアレキサンドリアの広場で連合軍の前で話をするリック。
そして、マギー。

マギーの手にはハーシェルからグレンにわたり、グレンからイーニッドそしてマギーへ受け継がれた懐中時計があった。

共に戦いましょう。グレンは決断を下した。私はただ、
彼の導きに従っただけよ、リック。』

マギーの手の中には、ハーシェルからグレン、イーニッド、
そしてマギーへと受け継がれた懐中時計がおさめられていました。

エンディング。

※無料動画配信コンテンツを比較してお得な動画サイトに登録しよう!
⇒最新おすすめの動画配信サービスと無料視聴期間を徹底比較!



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中!
自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています!
私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-ウォーキング・デッド

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.