ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

映画

ロッキーの教え子が死んでいた!すんませんが出演作品はひどかった件

更新日:

スポンサーリンク



映画『ロッキー5/最後のドラマ』でトミー・“マシーン”・ガンを演じたボクシング元世界チャンピオンのトミー・モリソンさんが、現地時間1日にネブラスカ州の病院で亡くなっていたんです。
44歳でした。

スポンサーリンク


早すぎる死。ロッキー5の俳優

本作では、主人公ロッキー・バルボア(シルヴェスター・スタローン)の下でトレーニングをしている新人ボクサーを演じたトミーさんは実際にWBOベビー級王座を獲得。その後、1996にHIVに感染したことが判明し、資格停止処分となり、ボクシング協会から引退している。

無くなった方には悪いのですがあの作品は酷かった

無くなったトミーさんには悪いが、この作品、ロッキーシリーズの中で群を抜いて”B級映画”だったような。
新人ボクサーにぞっこんになったロッキーは息子のことを後回しに新人ボクサーにつきっきりになってしまい。親子関係がギクシャク。

最後は、親子関係は修復したが、その新人ボクサーと路上喧嘩をし、ロッキーのテーマが流れる。
ロッキー賞賛の嵐!終了!

つまらん。

ご冥福を祈ります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

-映画

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.

ツールバーへスキップ