ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

映画

『ゾラの生涯』史上最高の作家を描いたアカデミー賞作品

更新日:

1937年に制作された映画で、第10回アカデミー賞最優秀作品賞及び、助演男優賞、脚色賞を獲得しました。
この映画は今でも、映画史上に残る名作です。

結構ファンも多いのではないでしょうか。
今でもリメイクすれば売れちゃうんではないですかね。

※1か月無料お試し!おすすめ動画配信コンテンツ

2週間無料、月額980円はHulu

1か月無料、月額500円はdTV

第10回『ゾラの生涯』(The Life of Emile Zola)

史上最高の作家ゾラ。
また、アメリカ国立フィルム登録簿に登録されました。

この映画の作成時、作品の流れとは逆順所で撮影が行われ、主役のポール・ムニは役柄の為にあご髭をのばし、撮影するにあたり徐々に髭を短くし、色を黒く染めていくということをしていました。

この、役者魂はすごいですね。
最終的に彼のメイクの時間は毎朝3時間半かかったというのもすごい。

スポンサーリンク


本が売れない屋根裏生活の作家が一躍有名になり国を動かすほどの男になる

この作品からは、彼は文豪として人として偉大だったと感じられます。

世界的に有名な作家は多くいるが、この映画ほど『ペンは剣より強し』と示した作家はおそらく彼ぐらい。
でも、多少の事実とは異なるところがあるようです。

まぁ史実をもとに作られた映画は結構大げさにするのはよくあることですよね。
映画はあくまでエンターテイメント。(白人至上主義的なやつはハンパないよねー。)

主人公のゾラという作家を知るという意味だけでもこの映画の価値があるはず。
英国に亡命してまで書き続けた小説や新聞での抗議記事。最後まで戦い続けたゾラはまさに圧巻です。

あらすじ

作家の卵であったエミール・ゾラ。パリの古ぼけた屋根裏部屋でポール・セザンヌを同居していた。
彼は真実を追究し情熱を著作へ打ち込む。しかし、真実を描いた故に仕事先の出版社を首になる。

ある日、警察に追われていた女性を救い、彼女の身の上話を小説化し大好評を得る。
続いて書いた作品も大当たり。ゾラは一流作家として富と地位を得る。

その頃、全世界を騒がせていたある事件をきっかけにゾラの生涯が大きく変わっていく。。。

LIfe of Emile Zola - Trailer (1937)

LIfe of Emile Zola - Trailer (1937)

ゾラの生涯に興味を持たれた方はこちらをどうぞ

※動画配信コンテンツ選びに困ったときはこちらがおすすめ!
⇒最新おすすめの動画配信サービスと無料視聴期間を徹底比較!



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中!
自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています!
私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-映画
-

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.