ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

映画

『ベン・ハー』いまだに破られない記録を持つアカデミー賞の名作映画!

更新日:

「ベン・ハー」はアカデミー賞で最多の11部門を獲得するという名作中の名作です。
この記録は「タイタニック」(1997年)や「ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還」(2003年)がタイ記録を樹立しますが、いまだ破られていません。
しかも、「ベン・ハー」はこの2つの映画が取れなかった演技部門で2つも受賞しています。

あの黒澤明でさえ、褒め称えている映画で、彼は、「『赤ひげ』なんてベン・ハーの1カットにも及ばない」とコメントするほどでした。

第32回『ベン・ハー』(Ben-Hur)

ストーリーと映像の迫力は一級品!
1959年に制作されたアメリカ映画。ルー・ウォーレスの小説『ベン・ハー』の3度目の映画化作品です。

この映画のヒットにより、主人公ベン・ハーを演じたチャールトン・ヘストンとメッサーラを演じたスティーヴン・ボイドなど、出演した俳優は瞬くまに名声を高めました。
1959年のプレミア公開後、212分の大作でありながら世界中で大絶賛の嵐。しかもこの映画1本で当時、倒産寸前だった製作会社MGMを一気に立て直すことができました。

一発がでかすぎます!

※動画配信コンテンツ選びに困ったときはこちらがおすすめ!
⇒最新おすすめの動画配信サービスと無料視聴期間を徹底比較!



大人になれば、この映画の良さがホントにわかる!

小学生の頃、じいちゃんの家で録画したのを見せてもらったが、全く興味無しでした。
それよりも漫画とアニメに夢中だったんです。

それから、数年経ちテレビで放送していたのを鑑賞。
ストーリーや映像の大迫力いぐいぐい引きつけられる。今では何でもCGで編集して片付けようとすることが多いが、この映画はそんなものがいらないほどズドンときます。

そのうち、息子が大きくなったら一緒に鑑賞したいと思います。

あらすじ

ユダヤの都エルサレムで豪族の息子ベン・ハーは、ローマ軍の新将校としてやってきた幼なじみのメッサラと再会する。

しかし、二人の間は対立関係にあり、ベン・ハーは反逆罪に問われる。
奴隷として軍船に送り込まれたベン・ハーは海賊との激闘の中、ローマ艦隊司令官のアリウスの命を救う。

屈指の剣闘士として成長していくベン・ハーは生き別れた母と妹の敵を討つため、宿敵メッサラとの対決に挑む。

ベン・ハー~四頭馬車レースシーン
BSジャパンで先日「ベン・ハー」が放映されました。ホントに懐かしかったですねぇ。ベンに扮した若かりし頃のチャールトン・ヘストン・・・やはり渋い演技が光る作品ですね。 あまりに懐かしかったので、後々まで語りぐさになった四頭馬車(戦車・・?)でのレースシーンのみアップしました。今時これだけ迫力のある映像が撮れるでしょうか・・・? ローマ帝国の存亡とイエス・キリストの存在を交えた、実に重みのある味わい深い作品でした。

ベン・ハー~四頭馬車レースシーン

※おすすめ動画配信コンテンツ
Hulu【公式サイト】

dTV【公式サイト】



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中! 自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています! 私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-映画
-

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.