ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

映画

『クラッシュ』アメリカ社会の人種差別を描いたアカデミー賞作品

更新日:

スポンサーリンク



どこの国に行っても人種差別はなくなることはないですね。
日本でも人種差別はあるわけです。

子供のころからいろんな差別を受けた方、差別をした方がいます。
この「人種差別」を題材にした映画「クラッシュ」は本当にいろんな方が人種について考えさせられるんです。

ぜひ日常にあたりまえかのようにある「差別」を描いた作品を観てください。

「クラッシュ」は2005年の第78回アカデミー賞で最優秀作品賞に輝いた映画です。
クリスマスを間近に控えたロサンゼルスで発生した1つの交通事故を中心に多民族国家であるアメリカで暮らす様々な人々を取り巻く差別や偏見、増悪などを描いていきます。

スポンサーリンク


第78回『クラッシュ』(Crash)

クリスマスを間近にロサンゼルスで起きたある交通事故をきっかけに様々な人々の繋がりを描いた映画で『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本を手掛けたポール・ハギスの初監督作品です。

『差別』を中心に描いた映画であり、人種や階層の異なる人々が様々な形で衝突し、運命を狂わせていきます。
また、この映画はアカデミー賞で作品賞の他、3部門を受賞しました。

ロサンゼルスを舞台に繰り広げられる人種差別

いつものいい子ぶった見かけだけのアカデミー賞とは違いこの『クラッシュ』はそれとなく納得できる作品だと思います。
自分はこれと言って心に残る作品では無かったですがうちの嫁は一押しで進めてきた作品です。

記憶にあるシーンは冒頭の黒人夫婦が警官になんやかんやされたなぁ〜ってとこでしょうか。でも全体的には面白かったと思った作品だったと思います。
記憶は冒頭のシーンだけですが。。。

差別って題材で作られた映画ってけっこう、客寄せ的なもの感じるのは自分だけでしょうか。
だって、そういう屈強というか、なんというか、つらい現実の中、戦っていく人々を描き、それが受賞すると一気にミーハーな人たちが触発されて、この映画最高って言うような。。。
そうだ。『ショーシャンクの空に』だ!

これ言えば絶対映画通だと思われるやつです。

いや、いや。でもこの映画(クラッシュ)は面白かったと思います。
そういや。ロストの韓国人でてましたね。余談ですが。。。

スポンサーリンク


あらすじ

無関係だった人々が、人種差別、そこから生まれる増悪が引き起こす事件によってつながっていく。
いまだに差別に満ちたアメリカの現実だが、ラストシーンでわずかに残される希望が、静かな余韻を残す。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

-映画
-

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.

ツールバーへスキップ