ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

グルメ

行列しなくても超美味しいパンケーキを出すお店と絶品3大メープルシロップ!

投稿日:2015年1月7日 更新日:

最近、パンケーキブームがすごいですよね。
めちゃくちゃ行列が並んでいるのを、よくニュースやバラエティ番組で目にしますが、そこまでしてパンケーキ食べたいんでしょうかね。

ちょいと前なんて、なんとかドーナッツが日本に進出して、えらい行列が並んでいましたけど、今ではガラガラですもんね。
ということで、マツコの知らない世界で行列しなくても超美味しいパンケーキ屋さんが特集されていたので紹介します。

パンケーキは並ばなくても美味しいお店はいっぱいあります!

パンケーキは並んでまで食べる物ではない!と豪語する大学講師、富山由紀子さん。
趣味で全国のパンケーキを食べ歩き、全国のパンケーキの粉を収集し、本まで出版するすごい方。

さすがです。

この方、パンケーキはファッションだと言っていました。その通りです。
流行りに乗って行列店に行くってのはどうかと。確かにです!

しかし、行列店のパンケーキだから一度は食べてみたいとは思いますけどね。でもぶっちゃけパンケーキでそこまではしたくありませんが。。。

富山さん曰く、パンケーキは土台(生地)が美味しくないと意味がないそうです。
上物(上に乗っている具)はどうでもいいそうです。

スポンサーリンク


口の中で消えるしっとりパンケーキ「香咲」(外苑前)

スクリーンショット 2015-01-07 0.27.11

30年間パンケーキファンを魅了している名店です。
マツコもオススメの絶品パンケーキです。

外がカリっとしていてなかはふわふわ。2種類の食感が一つのパンケーキにはいっているのが特徴です。

純和風!染み込みパンケーキ「とらや椿山」(阿佐ヶ谷)

スクリーンショット 2015-01-07 0.32.47

和菓子店で対象14年創業の老舗です。
奥には喫茶スペースがあり、和菓子独特の大量の小豆をのせた極上パンケーキ、小倉ホットケーキ(750円)がオススメです。

こだわりはミックス粉も自家製で、和菓子店だけあって、あんこにもこだわりがあり、北海道産高級小豆「大納言」を使用しています。
しかも、今まではテレビにはでなかったそうですよ!

どうせ並ぶならこのお店!「レインボーパンケーキ」(原宿)

スクリーンショット 2015-01-07 0.40.24

散々、行列を批判してきた富山由紀子ですが、2時間並んでも食べる意味と価値があるお店だそうです。
パッと見今時のお店です。

パンケーキ激戦区の原宿で、屈指の人気を誇るレインボーパンケーキ。
そしてダントツ一番人気が、「マカダミアナッツのパンケーキ」(1250円)です。

こだわりは、オーブンで2度焼きした厚い生地。
マカダミアンナッツから出来ているソースはパンケーキとの相性が抜群で超絶品です!

頬ずりしたくなるパンケーキ「ワンモア」(江戸川区 平井)

スクリーンショット 2015-01-07 0.49.26

総武線平井駅前にひっそりとある純喫茶「ワンモア」。
45年の歴史を感じる店内は落ち着きがあり、マスターが一枚一枚手焼きするパンケーキは最高です!

こだわりは45年間大事に使ってきた銅板を使用していることと、材料は市販のものがほとんどという「家庭的」なホットケーキです。
しかし、粉にはこだわりがあり、業務用の日清製粉スーパーバイオレット25kgを使用しています。

もう一つのこだわりは銅板のバターを吹いて焼きムラを無くし、綺麗なきつね色のホットケーキに仕上げます。
しかも、一般のレシピで作っていますが、プロの技でふっくらした仕上がりになっているので真似はできないみたいです。。。

マツコ曰く、「家で作るパンケーキの最高峰」と言ってました。
食ってみてえ!

自宅で作れる美味しいパンケーキ

ミックス粉と超簡単な裏技で自宅でも超美味しいパンケーキができるそうです。
ミックス粉とは小麦粉にベーキングパウダーと砂糖などを混ぜたもので、それぞれの会社でブレンド具合が違うそうです。

その中でも一番美味しいと言われていたのが、「みさを大豆のホットケーキミックス」です。
鹿本農業高校が作ったミックス粉で、熊本県産のみさを大豆がブレンドされた粉です。

匂いも直感も普通のホットケーキとは違い、食べると香ばしくて美味しいようです。

自宅でふっくら作る際は記事にマヨネーズを大さじ1杯入れる裏技がすごくいいみたいです。
あとは、フライパンで焼きたくない方は記事を作ったら炊飯ジャーで普通炊きすると簡単にできます。

ズボラな方はオススメだそうです。

10倍美味しくなる3大メープルシロップ

一見同じに見えるメープルシロップですが、濃さの違いで大きく分けて3種類あるようです。
濃い順に、アンバー⇨ミディアム⇨ライトとなるそうです。

しかも一本のカエデからは約1リットルしかメープルシロップは取れないそうです。
貴重ですねぇ。

ミディアムでオススメのメープルシロップ「アレガニ」

記事の邪魔をしないシンプルな甘さが絶妙のようです。

一番濃いアンバーでオススメのメープルシロップ「エミコットNo2」

アンバーはとにかく濃いので好みが分かれるそうです。
味は黒蜜に近く和の甘味が好きな方にはオススメなようです。

ライトで軽いでオススメのメープルシロップ「クリアリーズ」

富山由紀子もおすすめで一番美味しいと言っていたやつです。
価格もお手頃で絶品のようです。

富山由紀子の執筆したパンケーキの本です!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-グルメ

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.