ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

FX

FXはショートとロングで価格が動く!需要と供給のバランスで変動!

投稿日:2016年6月7日 更新日:

FXで価格の値動きは需要と供給の「人気」で決まります。

どの市場も同じように為替相場の値動きは需要と供給のバランスによって変動することが基本中の基本。

妖怪ウォッチみたいに欲しいおもちゃが欲しい人が多い場合は「需要」が多く、妖怪ウォッチの数、「供給」がそれより少なかったとします。
需要が供給を上回ることによって、その商品を高いお金を出してでも買おうとする人が出てきます。

それにより、品数が少ない商品は値上がりします。

これと同じように、FXの相場では「価格が上がる」と思っている人たちを「ロング派」、「価格が下がる」と思っている人たちを「ショート派」と呼びます。

この二つのグループがバランスを変えながら、人数の多いほうに価格が変動していきます。
ロング派の数が多ければ価格は上がり、ショート派の数が多ければ価格は下がります。

前回の記事はこちらから!

「ロング派」と「ショート派」のバランスで価格が動く!

この「ロング派」と「ショート派」がいることにより価格の変動が起き、FXの価格は上がったり下がったりします。

価格が上がると思っている「ロング派」は市場の動きをみて、商品を買いたい人が多いと予想します。
価格が下がると思っている「ショート派」は逆で商品を売りたい人が多いと予想しています。

もし、ロング派がショート派より多かった場合は価格が上がります。
逆にショート派がロング派より多かった場合は価格下がります。

FXはたったこれだけ、二択だけを予想していくんです。
市場の動きを早く読み取れる方はうまいことFXで儲かっているわけですよね。

スポンサーリンク


「買い」が多いと価格は上がり、「売り」が多いと価格は下がるが価格が動かないパターンもある

ロング派やショート派の数の違いによってFXの価値は上がったり、下がったりしますが、もう一つの状態があります。
ロング派とショート派の数が均衡していれば、値動きが上昇とも下降とも言えない状態になります。

また、両派が市場に参加していない場合も同じ状態になり、値動きは沈静化します。

このような感じで為替相場は「上がる」「下がる」「どちらでもない」という3つの状態があります。

結構これ、重要なことなので取引をする際は、この考え方が大事になりますので覚えておきましょう。

おすすめFX会社!簡単に口座開設ができちゃいます!

初心者でも使いやすいおすすめFX会社!
GMOクリック証券【くりっく365】 初心者から上級者まで大人気のGMOクリック証券「くりっく365」
使いやすさと便利さで誰でもすぐにFXができちゃいます!
DMM FX DMM FXは初心者向けでFX取引世界第2位です!
IT系の強みを生かした高スペックFX会社の代表格!
SBI FXトレード株式会社 SBIFXは新米のトレーダーにかなりおすすめのFX業者です。
なんといってもスプレッドの狭さと安定性が売りですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-FX
-

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.