ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

FX

FXで取引をするのにどのくらいの資金が必要なのか?調べてみました!

投稿日:2016年6月11日 更新日:

FXをこれからやっていく上で一番気になるのは「資金」がどれくらい必要なのかってことですよね。
私はあまりお金も持っていないので、大きな資金は出せないのが現実です。

しかし、FXではレバレッジを利用すれば少ない資金で大きな取引ができるんです。
しかも、取引できるのは1万通貨または1000通貨という単位で取引します。

例えばレバレッジを1000通貨取引金額で使用したっ場合は数千円の資金でFXができるという仕組み見たいです。

資金があまりない方にとってはこの「レバレッジ」を利用することでFXで取引ができるみたいなんです。
ざっと書きましたが、これからもう少し詳細にまとめていこうと思います。

前回の記事はこちらから!

少ない資金でもOK!預けた資金の最大25倍が取引可能になるFXの仕組み

上記でお話ししたようにFXが人気がある理由の一つに、少ない資金でも取引ができる「レバレッジ」という仕組みがあります。

レバレッジとは「てこ」を意味します。
「てこの原理」といえばわかると思いますが、小さい力で大きな物を動かすという意味のとおり、FXは少ない資金を大きくして取引をすることができるんです。

それでは実際にどの程度の大きな取引ができるかというと、口座を開設したFX会社に証拠金を預託することで、それを担保に最大25倍の金額まで取引が可能になるんです。

例えば10万円の資金を預託することで、最大250万円の取引ができるわけです。
逆にいうと、取引に必要な資金が25分の1で済むってことなんです。

スポンサーリンク


FXの取引単位は基本的に「1万通貨」

FXの最小取引単位は基本的に1万円通貨単位となっているんです。
例えば、1ドル100円だった場合だと、1万通貨の米ドル/円を取引するということは100万円分の投資をしているということなんです。

FXの業者の中には1000通貨単位で取引可能な業者もありまう。
これによって少ない資金でFXに参入する方は助かりますよね。

レバレッジを使えば資金よりも大きな取引が可能になるんです!

レバレッッジを利用すると最大25倍の金額まで投資が可能になるんです。
例えば10万円を預けるとその資金の25倍まで取引をしてもいいんですよね。

そんでもって10,000米ドルを買うには約100万が必要となるんですがなるんですがレバレッジを使うことにより、25分の1になり、4万円で取引が出来ちゃうんです。

下の表は書く通貨ペアの取引金額をまとめたものです。

各通貨ペアの取引金額
通貨ペア レバレッジがない場合の
1万通貨取引金額
レバレッジを使用した
1万通貨取引金額
レバレッジを使用した
1,000通貨取引金額
米ドル/円 約120万円 約48,000円 約4,800円
ポンド/円 約177万円 約71,000円 約7,100円
豪ドル/円 約92万円 約37,000円 約3,700円
ユーロ/米ドル 約132万円 約53,000円 約5,300円

レバレッジがある場合とない場合、それぞれに必要な取引金額に違いがあるのでチェックしといてください。
米ドル/円でレバレッジがない場合の1万通貨取引にはやく120万円が必要なところがレバレジがある場合は約5万円で取引ができるんです。

そして、レバレッジを1,000通貨単位で取引した際、わずか数千円で取引ができるんです。

FXの初心者は取引に慣れるまではこの1,000通貨単位で取引してコツをつかむことがいいですね!

おすすめFX会社!簡単に口座開設ができちゃいます!

初心者でも使いやすいおすすめFX会社!
GMOクリック証券【くりっく365】 初心者から上級者まで大人気のGMOクリック証券「くりっく365」
使いやすさと便利さで誰でもすぐにFXができちゃいます!
DMM FX DMM FXは初心者向けでFX取引世界第2位です!
IT系の強みを生かした高スペックFX会社の代表格!
SBI FXトレード株式会社 SBIFXは新米のトレーダーにかなりおすすめのFX業者です。
なんといってもスプレッドの狭さと安定性が売りですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-FX
-

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.