ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

FX

FX初心者にオススメのテクニカル指標6選!

投稿日:

FXで将来的な値動きを予想するためのチャート分析にはテクニカル指標を用います。

これはチャートをみて相場を分析する「テクニカル分析」の基礎を用いて、いろんな角度や計算式を指標を定め、それをもとに相場を予測することを「テクニカル指標」といいます。

テクニカル分析に関する記事はこちらから!

FX初心者ではなかなか難しいと思われるかもしれませんが、初心者でも簡単に使うことができるテクニカルを紹介していきます。

相場を分析する「テクニカル指標」を用いて相場の未来を予想しよう!

テクニカル指標ですが、値動きの特徴や性質を数理的に表すことができます。
これは相場の状況や取引のタイミングを見抜こうとする「テクニカル分析」に役立ちます。

そして、テクニカル指標には大きく分けて「トレンド系」と「オシレーター系」があります。

  • 「トレンド系」-相場の方向性を読むことが長けている
  • 「オシレーター系」-相場の過熱感を察知することに長けている

このようにテクニカル使うことにより、相場の未来が読めるようになってきます。

テクニカルには「トレンド系」、「オシレーター系」がありますが、それぞれで得意な相場があることを事前に確認しておきましょう。

トレンド系

トレンド相場○
レンジ相場×
得意戦略:順張り(トレンドフォロー)

オシレーター系

トレンド相場×
レンジ相場○
得意戦略:逆張り

スポンサーリンク


初心者にオススメの6つの「テクニカル」

それでは、FX初心者でも扱うことができる「テクニカル」を紹介していきます。
上記で紹介しているように、FXで勝つためには基本はトレンドフォローです。
売買は最適なタイミングでトレンド系テクニカルによって見抜きます。

そしてオシレーター系は買われ過ぎ、売られ過ぎといった相場の過熱感を示します。
レンジ相場においては反転を見抜くことができ、逆張りが狙えますのでしっかり家訓していきましょう。

移動平均線(トレンド系)

プロのトレーダーも使用することが多い、基本的なテクニカルです。
移動平均線とローソク足の位置関係からトレンドや取引をタイミングを見ることができます。

ボリンジャーバンド(トレンド系)

移動平均線に、統計学の標準偏差という考えを加えたテクニカル指標となります。
値動きの範囲を視覚的にとらえることができ、予想します。

一目均衡表(トレンド系)

相場の均衡状態を一目で読み取れるように設計されたテクニカルです。
この均衡表が崩れた時にトレンドが生まれると読み取ることができます。

MACD(トレンド系)

移動平均線を改良したテクニカル指標です。
トレンドをよくことに長けています。また同時にオシレーター的な性質絵を持っているテクニカル指標となります。

RSI(オシレーター系)

現在の状況が買われ過ぎなのか、売られ過ぎなのかを相対的な相場を読み取ります。
これにより相場の反転を読むことができます。

ストキャスティクス(オシレーター系)

RSIに似ており、ストキャスティクスのほうが高度値動きを敏感に反映する特徴を持ちます。
そのことから短期売買に向いたテクニカルともいえます。

以上、初心者にお勧めのテクニカルでしたが、それぞれの細かい紹介は別途更新していきますね!

おすすめFX会社!簡単に口座開設ができちゃいます!

初心者でも使いやすいおすすめFX会社!
GMOクリック証券【くりっく365】 初心者から上級者まで大人気のGMOクリック証券「くりっく365」
使いやすさと便利さで誰でもすぐにFXができちゃいます!
DMM FX DMM FXは初心者向けでFX取引世界第2位です!
IT系の強みを生かした高スペックFX会社の代表格!
SBI FXトレード株式会社 SBIFXは新米のトレーダーにかなりおすすめのFX業者です。
なんといってもスプレッドの狭さと安定性が売りですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-FX

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.