ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

健康

二日酔いに9つの栄養素!トマトジュースは不快症状を改善!

更新日:

二日酔いはほんとにきついですよね。
丸一日気分が悪く何もしないでその日が終わってしまうこともよくあります。

せっかく楽しく飲んでいたのに次の日は二日酔いで一日を台無しにしてしまうのって何かあまりいい感じがしないですよね。

それなら思いっきり飲んだ次の日でも二日酔いにはならず、次の日でもスッキリ楽しく過ごしたいものです。
今回は二日酔いにならないためにどのようなことをすればいいのかということをまとめましたので、二日酔いになりたくない方はぜひ参考にしてくださいね。

また、二日酔いになったとしても、その不快症状を改善させる方法も紹介しますので是非参考にしてみてください。

※腸内環境改善におすすめ!参考にいかがですか!?
⇒ 腸内環境改善!【プシュケー】公式サイト

⇒ 子どもの腸内環境を改善!【ちょーきれい!善玉ガード】公式サイト

二日酔い予防は8つの栄養素を摂取しよう!

それでは二日酔いにならないためにはどうしたらいいのか。
それはビタミンB群などの二日酔いに効く成分を含む食材、またはサプリメントを飲酒の前と後にとっておくことです。

ビタミンB群は肝臓を活発にしてくれ、アルコールの代謝を促進してくれます。
ただし、アルコールの利尿作用で脱水気味になっているとせっかくとったビタミンなどの栄養素が体内でスムーズに活用できないので水分をしっかり補給することを忘れないでください。

二日酔いに効く栄養素は以下のように8種類の栄養素が効果的です。

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ビタミンB6
  • ビタミンB12
  • ビオチン
  • ナイアシン
  • パントテン酸
  • 葉酸

ビタミンB群は重要で、これが不足すると気持ちが落ち込みがちになり、鬱っぽくなってしまいます。
また、アルコール肝炎にも効果がありますので、上記の栄養素の中からどのサプリを選べばいいのか迷った際は、とりあえずビタミンB群を摂取することをお勧めしますよ!

サプリメントを摂取する際は、飲酒の前後に摂取することをお勧めしますよ!

二日酔いになった時はトマトジュースを飲んで解消しよう!

友達との飲み会で盛り上がったり、仕事の打ち上げや宴会などで飲みすぎてしまうと二日酔いになりがちですよね。
こうなったらどうしようもなくなってしまいますよね。

とにかく辛い。。。

頭痛や吐き気、不快感のある二日酔いの原因は肝臓でアルコールが分解された時にできる「アセトアルデヒド」という物質です。

このアセドアルデヒドの作用を抑える効果があるのが「トマトジュース」なんです。
トマトジュースに含まれる「リコピン」がアセドアルデヒドの作用を抑える効果があり、アルコールを分解する酵素の働きをアップさせる効果もあります。

この他にもトマトジュースには利尿作用があるカリウム多く含まれており、体内に残っているアルコールを排出する働きもあります。

ある研究ではお酒とトマトジュースを一緒に飲むと血液中のアルコール濃度が上がりにくいというデータがあるとのことなんです。
ということは、トマトジュースとビールで作る「レッドアイ」ってすごく効率がいいお酒ですよね。

これだと二日酔い予防にもおすすめできますね。

ちなみにトマトジュースが苦手な方はサプリメントで「リコピン」が販売されているので、是非使ってみてください。

それでは、二日酔いにならないために、飲酒前後のサプリメント摂取、二日酔い時にはトマトジュースを飲んで深い症状を改善させましょう!

⇒ 【ハイ・ユーグレナ(みどりむし)】公式サイト



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中! 自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています! 私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-健康

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.