ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

健康

この冬に押さえておきたい最新加湿器5選!マツコの知らない世界より

投稿日:2015年1月20日 更新日:

冬の湿度は20%なんです。
インフルエンザの感染がピークを迎えるのが1月〜2月なんですって。

そんでもってインフルエンザにかかりにくい湿度にするには50%以上を維持しなければいけない為に、この時期は加湿器は欠かせません!

うちは加湿器を持っているから大丈夫と思っているとやばいです!
加湿器のことを理解していないと大変なことになりますし、加湿器をうまく使いこなせず後悔している人が続出しているみたいです。

正しく選べば得をする加湿器の世界

体当たり家電コーディネーターの藤山哲人さんがお勧めする本当に自分にあった加湿器の選び方を教えてくれました。
しかも、家電ライターで家電マニアのすんごい方です。

スポンサーリンク


後悔しない加湿器の選び方

冒頭でもお話ししたように、インフルエンザがピークを迎えるのは1月〜2月の間で湿度50%以上の室内では感染しづらいと言われています。

50%くらいの湿度があればインフルエンザの菌も空気中で死滅すると言われているみたいですが実際はどうなのでしょうか。。。
しかし、病気にはなりたくないので後悔しないために正しい加湿器を選びましょう。

ところで、この加湿器ですが、この冬だけで約200代の加湿器が販売されたんです!
てか、何を買えばいいのかわからないですね。。。

藤山さん曰く、ライフスタイルや家族構成で加湿器を選ばなければいけないようです。

加湿器には

  • 超音波式     ※蒸気が目に見える(冷たい蒸気)
  • 気化式      ※蒸気が目に見えない
  • ハイブリッド式  ※蒸気が目に見えない
  • スチーム式    ※蒸気が目に見える(暖かい蒸気)

があります。

 

4タイプの違い

超音波式 気化式 ハイブリッド式 スチーム式
加湿力 ★★ ★★★
電気代(月額平均) 144円 168円 1152円 1320円
お手入れ頻度 1週間に1回 1ヶ月に1回 1ヶ月に1回 2ヶ月に1回

加湿力が一番強いのはスチーム式です。
しかし、加湿力が強いほど電気代がかかっちゃうのがデメリットですね。

また、掃除しない加湿器はカビが発生しやすくなっちゃうようです。
加湿器は水を多く使うのでカビが発生しやすくなっちゃいます。
なので定期的に洗ってあげないと、インフルエンザではなく、カビ菌が空気中を飛んじゃいます。

これ絶対基本的なことなので必ずお手入れするようにしましょう!

4タイプ別おすすめ商品

藤山さんがオススメする4タイプ別のオススメ加湿器を紹介します。
これで、この冬もバッチリ風邪、インフルエンザ対策ができますね!

三菱重工のSHE35LD(ズボラな人にオススメ!スチーム式!)

スチーム式のメリット

  1. 加湿力が強い
  2. お手入れの頻度が少なくて済む

スチーム式のデメリット

  1. 電気代が高い
  2. 熱い湯気が出るため幼児のいる家庭には不向き

その中でもスチーム式でオススメするのが三菱重工のSHE35LD

オススメポイントとして

  • 蒸気が暑くない!
  • わずか1分で加湿!

という優れものです。

布に吸い上げた水だけを加湿するのですぐに加湿出来るということと外気と合わせて蒸気を飛ばすので暑くありませんので子供のいる家庭でも安全に使えます。

HM−C600S(cado)インテリア感覚で置くならコレ!超音波式

超音波式のメリット

  1. 雑貨屋などで手軽に買える
  2. 値段が安いので2台目、3台目に最適
  3. コンパクトなので仕事用にも使える

超音波のデメリット

  • 頻繁なお手入れが必要

お手入れのポイント

  • 特に振動を起こす部分の汚れを落とす
  • 約40度のお湯で洗う
  • 完全に乾燥させカビ菌を死滅させる

オススメポイントとして

  • 加湿力が強い!
  • 菌が出来にくい!
  • 最新型は給水が簡単!
  • 超音波式なのに加湿力が高い
  • 蒸気の出る位置が高い
  • 背が高いので近くのものも濡れにくい
  • アロマも楽しめる

デザイン家電ですが、性能は最高のようです。

HD-RX514(ダイニチ工業)とFE-KXK05(パナソニック)最初に買うならコレ!気化式とハイブリッド式

気化式・ハイブリッド式のメリット

  1. 蒸気が暑くないので子供も安心
  2. 大手メーカーの製品が多くどこでも買える

仕組みはどちらも似ているのですがどちらもタンクとフィルターが入っており、ファンで風をあてて吹き出し口から蒸気を飛ばすようです。

ハイブリッド式の特徴
温風で湿気を飛ばすので電気代はやや高いが加湿力は強め

ハイブリッド式のオススメはダイニチ工業の加湿器です。
デザインもすっきりしていて見た目もおしゃれです。

オススメポイントは以下の通りです。

  • 電気代が安い!
  • 頑張ってる新潟のメーカー
  • 運転音が静かで寝室にも最適

気化式のオススメはパナソニックのFE-KXK05です。
こちらは誰しも知っているメーカーですね。

オススメポイント

  • 電気代が安く加湿力アップ
  • フィルター交換10年不要

なんと気化式なのに加湿力が強く、フィルター交換も10年はいらない優れものです。

ちなみに。加湿器の要注意点として「必ず!水道水を使う」ことが重要なようです。
要は塩素を取り除かなければいいようです。
水道水の中には塩素が入っており、塩素で水を腐らせないようにしているようです。

なので、市販で売っているような水や、水道水につけている塩素までを除去フィルターで水を入れちゃうと水が腐ってしまい、カビが部屋中に撒き散らされちゃうので要注意です。

最先端のオシャレ加湿器

これが家にあればモテるという加湿器でRainという加湿器。
このBALMDAメーカーは扇風機で有名になったそうです。

オススメポイント

  1. 加湿器には見えない形状
  2. 他にはない操作方法
  3. 上から直接水を注げる
  4. 丸洗い可能でお手入れも簡単

加湿器のベストな置き場所

加湿器を買っても、その加湿器の性能を100%発揮できていないかもしれません。
加湿器はエアコンの風が直接当たる場所は温度センサーが誤作動を起こしてしまうため避けたほうがいいようです。

加湿器の置き場所で避けるべき場所

  • エアコンの風が直接当たる場所
  • テレビなどの電化製品の近く
  • 窓の近く

そこで、加湿器が最も活躍できるベストな位置は、エアコンの真下(直下)が一番ベストなようです。
ここが加湿器を置くのにより効果的だそうです!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-健康

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.