ネットワークエンジニア系ブログ。エンターテイメント、おすすめ映画、本、キッズ系などお役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

By: Kanko*

健康

緑茶やコーヒーを飲むと死亡リスク減少すると調査結果が発表された!

投稿日:2015年5月7日 更新日:

あなたは緑茶やコーヒーを1日にどれくらい飲みますか?
私たちが普段飲む緑茶やコーヒーは飲む量によって心臓や脳などの病気で死亡する確率が低いことが国立ガン研究センターの9万人の調査でわかったんです!

これは、毎日飲んでいる方にとってはすごく嬉しいニュースですね!

国立ガン研究センターが19年にわたる研究で緑茶とコーヒーが死亡リスクを減少すると発表

緑茶とコーヒーを1日によく飲む人は飲まない人に比べて病気などで死亡するリスクが減るというのです。
一体どういうことなのでしょうか。

国立ガン研究センターなどの研究グループが全国に住む40〜69歳の男女約9万人の生活習慣などを調査。
およそ19年にわたり統計をまとめました。

スポンサーリンク


緑茶を1日5杯以上飲む人は1杯未満の人に比べて病気で死亡するリスクが減少

緑茶を飲む人は心臓や脳、呼吸器などの病気で死亡するリスクが減少することがわかったそうです。
男性はおよそ13%、女性は17%リスクが下がったそうです。

研究グループによると、緑茶に含まれるカテキンが血圧を下げ、カフェインが血管や呼吸器の働きを良くしている可能性があるといいます。

コーヒーを1日3〜4杯飲む人はほとんど飲まない人に比べて病気の死亡リスクが24%減少

こちらのコーヒーも同じくコーヒーを全く飲まない人に比べて、心臓や脳、呼吸器系の病気による死亡のリスクは減るようです。

緑茶、コーヒーどちらもガンによる死亡との関連性はみられなかった

結果的にはガンとの結びつきはなかったのですが、およそ15年間の追跡調査でわかりました。

今回の結果で研究グループは
常識的な範囲であればコーヒーや緑茶を飲むことは健康的な習慣であることが確認された
と話しているそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で
スポンサーリンク

-健康

Copyright© GOISBLOG , 2016 AllRights Reserved.