ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

発達障害

子供の発達障害はまず腸内環境を改善することから始めよう!

投稿日:

先日、発達障害のことについて書きました。
発達障害でいろいろと悩まれている方はたくさんいます。普通のお子さんがいる家庭ではまず理解できない事が多いです。

前回の記事はこちらから。
発達障害は通常級の16人に1人に存在する!子供が発達障害と思う人は一度診断させてみましょう!

そして、発達障害の子供の育て方や、その子の将来に不安があるお母さんたちは多いと思います。
もちろん、お父さんも同じです。

発達障害と診断されたものの、これからどうやって子供と接していけばいいのか、今いろんな専門書を読まれている方もいると思います。
最近ではネットで発達障害に関していろんな情報がでており、助かっていることもあります。

しかし、あまりいろいろと調べすぎるのもダメですよ!
悪いことばかりの情報を取り入れてしまうとストレスが溜まってしまします。その情報をもとに考えすぎて鬱になる人もいるようです。
※先進国ではこのようなケースが多いみたいです。
 情報が多くあるのもある意味ダメなのかと。。。しっかり自分で整理しましょう。

私のブログでは今、腸内環境を改善する記事を中心に書いています。
なぜ、腸内環境改善の記事を書いているのかと言うと、私の子供の発達障害を改善しようと思ったことがきっかけだったんです。

実は発達障害と腸内環境は結構親密な関係みたいなんです。
子供が発達障害で「便秘」など腸内トラブルを抱えていないですか?

発達障害は治すという事はできません。しかし、少しでも良い方向へ子供を導いてあげるのは親の役目です。
腸内環境を改善することで、子供の発達障害がだいぶ改善された例もあります。

もちろん我が家でも、実証済みです。
今は、小学校で特別支援学級に通ってますが、授業も落ち着いて聞けるようになってますし、普通の子供と同じくらいの生活は全然できてます。
むしろ、発達障害だとはわからないほどです。

腸内環境は脳とも親密な関係があると言われています。
鬱や認知症なども腸内環境を改善することでかなり改善されたという事例もあるほどです。

まずは、子供の腸内環境を改善させてあげることを実践してみるのはいかがでしょうか!


⇒ ADHD・自閉症の子供向けの教材です。
 少しでも学習能力を上げて見たい方は ADHD・自閉症の子供の学習をサポートする「すらら」を参考にしてください

無料体験もできますので一度体験してみてはいかがでしょうか!

発達障害は腸内環境を改善させよう!腸と脳は親密な関係!

私の子供は自閉症と診断されました。
自閉症の方に「便秘」が多いという事は最近の研究で分かっているんです。

私の子供も幼稚園に入園する前など、便秘ばかりで排便時は走り回って泣き叫ぶばかり。ほんと大変でした。
子供も涙を流しながら排便をしていたほど。。。

いろいろと調べると発達障害と腸内環境は親密な関係なようで発達障害と診断された子供は腸内環境に何らかのトラブルを抱えていることが多いようです。

我が家では、療育などの専門機関にも通っていましたし、療育や音楽療法にも通わせました。
どれもはじめにやっててよかったと思ってます。

ほんとに嫁に感謝しています。

そして、もう一つは子供の食事です。
子どもの食事はとても大事で、嫁もかなり気を使っていました。

できるだけ野菜を食べさせるようにしていましたが、男の子なのでなかなか手を付けません。
そこで考えたのは「ヨーグルト」でした。

腸内環境を改善させ、便秘を解消するためにはやはり子供の腸内の善玉菌を増やすことが大切なんですよね。

腸内環境を改善するための記事はこちらから
腸が喜ぶ2種類のバイオティクスを摂取し腸年齢を若くしてアンチエイジングしよう!

腸内環境を整えるためにヨーグルトを食べることはよいのですが、子どもに合ったヨーグルトを選ぶことも大切です。
人間それぞれ自分にあったヨーグルトってあるみたいなんですよ!

腸内環境を改善するヨーグルト選びで迷ったときは「トクホマーク」

ちなみに我が家では「植物性乳酸菌」が大当たりしまして、今ではうちの子供もほぼ毎日排便をするようになりましたよ!

一日一本の「植物性乳酸菌ラブレ」で家族の腸内環境が改善した!下痢も便秘もなく毎日快便です!

スポンサーリンク


発達障害の子供の腸内環境を改善してあげる事は大切!

何度も言いますが、人間の脳と腸内環境は親密な関係なんです。
発達障害の多くの子供は何かしらの腸のトラブルを抱えていると言われています。

腸内環境を改善し、常に腸内に善玉菌が多くいるようにするよう食事やヨーグルト、サプリなどを子供に試しました。
食事は納豆や味噌汁などの大豆製品。こちらは乳酸菌が多く含まれますし、食後のヨーグルトは子供が食べやすいように食物繊維を多く含んだバナナと一緒にはちみつをかけて食べさせたりしていました。

腸内環境を改善するためにいろんな家で試行錯誤を繰り返すと思います。
自分の子供に合った食事、腸内環境を整える菌は何があっているのか。

今では子供の腸内環境は小さなころに比べだいぶ良くなりました。
とにかく今では毎日快便!って感じです。

音楽療法にも行かせた効果もあり、今では突然パニックになることもなく落ち着いた生活を送っています。
発達障害の子供に効く体幹を鍛えたり脳を刺激する音楽療法。

発達障害は普段の生活、食事でだいぶ改善できます。
まずは子供の腸内環境を改善させることに取り組んでみてはいかがでしょうか。

腸内環境が良くなることで、子供の生活もすごく楽しくなってきますよ!
発達障害のお子さんを抱えている方はぜひ子供の腸活に取り組んでみてはいかがでしょうか!


発達障害は腸内環境を改善しましょう!『善玉ガード』




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中!
自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています!
私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-発達障害

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.