ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

発達障害

発達障害の子供がもつ3つのスタイルとサポートのやり方

投稿日:

発達障害と行っても、全ての子供たちは全く同じではありません。
それぞれのスタイルがあり、一人一人の個性があります。

自分の子供が発達障害だと診断されても、発達障害ってなんなの?一体どういう症状なのかってわからなかったり、不安になったりしますよね。
でも、ほとんどは今は専門医から発達障害のどの状態なのかという診断も確認できます。

そして、発達障害と診断されてもどのように自分の子供に接していけばいいのか、どのように教育していけばいいのかわからない方は多いと思います。

少しでも自分の子供の発達障害を理解していくように、今回は発達障害の3つのスタイルとそれぞれのサポートのやり方を紹介します。
ぜひ自分の子供へ試してみてください。

発達障害は大きく分けて3つのスタイルがある

発達障害を大きく分けて3つのスタイルに分けられます。
ちなみに発達障害は他にも「知的障害」や「知的な遅れを伴う自閉症」などの障害も含まれますので先に言っておきます。

それでは発達障害の3つのスタイルですが、以下の3つになります。

  • 「LD(学習障害)」
  • 「ADHD(注意欠陥多動性障害)」
  • 「高機能自閉症・アスペルガー症候群」

これらは一般的に知的発達に遅れはないタイプの発達障害でありますので幼稚園や保育園のクラスや学校の通常学級に「気になる子」、「落ち着きのない子」として在籍しているケースが多いです。

実は私の子供が通う学校でも、2年生になるときに上記のような「気になる子」が特別支援学級に入ることになりました。
この発達障害はあとあとになって診断されることもあります。

ですから、両親はその子の問題を子育てのせいではないのかと悩んだりしてしまします。
そして、そのまま発達障害に気づかないままでいたりする場合もあるのです。

しかし、その子が発達障害とわかり、その子のスタイルがわかってくると少しづつ関わり方や効果的なサポートの仕方が見えてきて、その子がどういう特徴を持っているのか考えることで、将来の生活や教育の仕方が見えてきます。

今回紹介する発達障害のそれぞれのスタイルは、書物などを読んでもわかるものではありません。
ここでスタイルを分けて紹介するのは、あくまで発達障害の特徴を理解し、それぞれのスタイルにあったサポートの方法を紹介します。

発達障害の診断は必ず、専門医の所に診断してもらってください。
一人で絶対に判断はしないでくださいね!

⇒ ADHD・自閉症の子供向けの教材です。
 少しでも学習能力を上げて見たい方は参考にしてください
ADHD・自閉症の子供の学習をサポートする「すらら」



LD(学習障害)スタイルの子供たち

LD(学習障害)は基本的に一般的な知的発達には遅れはありません。
以下の能力のうち特定のものの習得と使用に著しい困難が目立ちます。

  • 聞く
  • 話す
  • 読む
  • 書く
  • 計算する
  • 推論する

学習障害の原因としては中枢神経になんらかの機能障害があると言われます。
しかし、視覚障害、聴覚障害、知的障害、情緒障害などの障害や環境要因が直接の原因にはなりません。

生活では聞き間違えが多かったり、字を書くことや文を読むこと、計算をすることが苦ってだったり、説明がうまくできなかったりするという症状がみられます。
これは学習に限ったものなので小学校に就学して浮き彫りになることが多いです。

LDは一般的な知的発達には遅れがない子供なので知的障害や情緒障害とは違うと考えてください。
また、ある特定の学習についてつまずきがみられるため、「嫌いな科目だから努力していない」、「できる子なのにやる気がない」、「指導が悪いせいだ」などという誤解を受けやすいのも特徴です。

LDは本人の努力不足や親の教育のせいでは決してありません。

LD(学習障害)スタイルの子供に対するサポート

LDスタイルの子供は頑張っても努力しても集中してもどうしても苦手なことがあります。
自分でも頑張っているのになかなか成果が出せません。

学校でも他のこと比較されてしまうことが多くストレスがたまるかもしれません。
ですから、両親は毎日困難にチャレンジする子供の一番の理解者となり、他の子と比較せず、その子なりに頑張ったことや、結果よりも頑張って努力していることに対し小さな成果でも褒めてあげてください。

その子の努力を認めてあげることが大切です。
LDスタイルの子供は学校ではストレスを貯めて授業を受けていることが多く、学校と家庭で厳しくされると逃げ道がなくなってしまします。

子供の努力を両親は認め、支えてあげ、励ますことが大切です。

また、子供たち対し彼らが苦手なことよりも「できること」をどんどんさせてあげましょう。
自分にもできたこという達成感を与えることで「自信」をつけさせてあげることができます。

また学校では、授業についていけないのであれば特別支援学級などで支援を受けれるように相談することも大事です。
子供のために親も一緒になって子供の学習環境を考えてあげましょう。

発達障害の子供は特別支援学級がおすすめな理由

ADHD(注意欠陥多動性障害)スタイルの子供たち

ADHD(注意欠陥多動性障害)は、その時の年齢や発達に不釣り合いな注意力、または衝動性、多動性を特徴とする行動障害です。
この障害は社会的な活動、学業の昨日に支障をきたし、7歳以前に現れ、その状態が持続し中枢神経になんらかの要因により機能不全があると推定されるようです。

ADHDは「注意力」に関しての課題を持ちます。
特徴としてはちゅいの持続時間が短かったり、注意の幅が狭かったりという注意力の欠陥が目立ちます。

また、一つのことに集中できないという特徴も持っているので、遊びがどんどん他のことに移ったり、勉強の途中で他のことに気をとられたり先生の話をじっくり聴くことができなかったりします。

注意が続かないという特徴から、忘れ物が多くなったり、物を置き忘れたりしてしまいます。
また片付けも苦手なので物を散らかすという特徴もあります。

ADHDは多動や衝動性が目立ちますが、その反面、自分の興味のあることや好きなことに対しての集中力があります。
これが集中しすぎて「過集中」と呼ばれ、集中のしすぎで生活の折り合いをつけにくいという場面もあります。

ADHD(注意欠陥多動性障害)スタイルの子供たちに対するサポート

多動性や衝動性が多くみられるADHAの子供は「落ち着きがない」、「乱暴だ」と思われますが、このADHDスタイルの子はエネルギーに満ち溢れています。

その有り余るエネルギーを、自分自身でコントロールできるようになればそのエネルギーは、その子たちの大きな強みにもなってくれます。
その子の好きなもの。スポーツやダンスなど楽しみながらエネルギーをぶつけて集中できる物を見つけてあげるのもいいと思います。

うまくなれば、達成感を得られますし、集中できる時間が長くなることで、他のことに取り組む時の自身にも繋がります。

「ちゃんとしなさい」「じっとしてなさい」「座ってなさい」などといったことを、何度も子供に言い続けると子供たちから反発を受けるようになり、後々いい効果を生みません。

ADHDの子供は一方的にルールを押し付けられると、それにあえてチャレンジしたくなる傾向が強いのです。
なのでその子たちへの課題への自発的なチャレンジを応援し協力してあげることが大切なのです。

まずはその子にもできそうなことを本人の同意の素でさせてみて、うまくいったら一緒に喜びましょう。
例えば、「5分間集中して宿題をする」ということができたら、褒めてあげ、そこから少しずつ2分、3分と時間を伸ばしていきましょう。

自分で自分をコントロールできるのだという自信をつけさせることが大切です。

そして、ADHDの子供たちはチャレンジ精神が旺盛なので、新しいことや未知のことにも取り組む姿勢を持っています。
突然、私たちが思いつかないようなアイデアを思いつく「ひらめき」の才能があります。

なので、ADHDの子供は起業家や先駆者が多いと言われるのです。
そのような可能性を秘めている子供たちへプライドを潰してしまうことがあってはいけません。

自分には何もできないと思ってしまうと、彼らの強みを生かすことができなくなってしまします。
ですから、私たち両親はその子との信頼関係を築き、一緒に問題を乗り越えていくようにしましょう。

きっと、ADHDスタイルの子供と良好な関係が築けるはずです。

アスペルガースタイルの子供たち

アスペルガースタイル、高機能自閉症は3歳までに現れ、以下の特徴とする行動がみられます。

  • 他人との社会的関係の形成の困難
  • 言葉の発達の遅れ
  • 興味や関心が狭く特定のものにこだわる

また、中枢神経系になんらかの要因に夜昨日不全があると推定されます。

アスペルガー症候群と高機能自閉症は同じという考え方や厳密に分けるべきだという考え方がありますが、サポートの方法はこの2つには違いはないのでここでは同じスタイルとしています。

まず、アスペルガースタイルの子は対人関係のつまずきが目立つことが多いです。
この子達は「相手の気持ちを読み取ることが苦手」という困難を抱えています。

例えば、喜怒哀楽を相手の表情から読み取ることが難しいと言われています。
そして、人の顔を認識すること、顔の異変などを気づかないという特徴があります。

さらに相手の立場になって考えることが苦手なので、相手が傷つき、不快になることを思ったまま口に出してしまいトラブルになったりします。

要は「空気が読めない人」ってやつです。

アスペルガースタイルの子供たちに対するサポート

アスペルガー、自閉症の子供たちは「一人が好き」、「人と関わることを極力避ける」と誤解され続けていました。
確かにそういう人もいます。しかし、多くの子供たちはやっぱり友達が欲しい、一人はつまらないと考えています。

ただ、どう付き合ったらいいのかわからない、相手を怒らせてしまうなど悩んだり、苦しんだりしているのです。
大人として、彼らには「相手の立場になって考えて」、「自分で考えてみなさい」などと言いがちですが、アスペルガーの子供たちは、それがわかりません。

どう考えればいいのか、どのようにすれば相手が不快にならないのか、どのように振る舞えばいいのかがわかりにくいのです。

そこで、どのような場面でどのように振舞うべきか、あるいはどのような言葉を使えばトラブルにならないかということを具体的に丁寧に教えてあげることが大切です。
適した言葉かけや言ってはいけない言葉を具体的に教えてあげます。

相手になんども質問ぜめをする子供に対しては具体的に数字も入れて、「質問は3度まで」というふうに教えます。

アスペルガーの子供たちは新しい環境や人になれることが難しいので大勢の友達に囲まれてワイワイとするタイプではないです。
それよりも友達の数は少なくても、安心して頼りになり長く付き合える友達が見つかればいいという風に励まして上げることが大切です。

発達障害の子供たちは私たち大人が思っているよりも多くの困難を抱えています。
子供のことを考えてあげて一緒に困難に立ち向かっていきましょう。きっと子供も一緒に頑張って、喜んでくれ、信頼してくれますよ!


お子様の将来を本気でお考えの方へ。小さなころからのケアが重要です!『善玉ガード』




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中!
自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています!
私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-発達障害

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.