ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

AGA・発毛・育毛

4つの薄毛対策を比較!自分に合った髪の悩みを解決!

投稿日:

薄毛の悩みは誰にでもあります。
男性なんて若いころから薄くなってくる方もいる程。ほんと髪の悩みは尽きません。

最近では女性の薄毛も増えているようで、たまに若い子でもちょっと見た目がかわいそうな子もいますよね。。。
多くの方に永遠のテーマである「薄毛」ですが、何とか改善して髪を豊かにしたいって常々思うわけです。

しかも薄毛患者の割合で全体の80%以上が遺伝と言われています。
しかし、遺伝でも治療をすることによって多くの方が薄毛を改善し、髪が戻ってきた方もいます。

今回は薄毛対策について比較表を作ってみたので参考にしてみてくださいね!

※薄毛に悩んでいる方はこちらもおすすめです!
育毛剤No1!チャップアップ(CHAPUP)
スポンサーリンク


薄毛に悩む方必見!自分にあった薄毛対策で解消させよう!

薄毛で悩んでいる方は世界中にいます。
もちろん万国共通で課題となり、なんとか薄毛問題を解消しようと頑張っているようです。

そして、多くの薄毛患者が悩んでいるのは「男性型脱毛症(AGA)」と呼ばれるもので、これは男性ホルモン、酵素、遺伝、年齢の4つが主な原因とされています。
また、薄毛は突然なるわけではなく少しずつ進行していきます。

頭髪の密度が100%から60%にまで減少する間は薄毛が始まっていることは本人も周囲の人も気づくことはないみたいです。
ある日、お風呂上がりに自分の頭をみて毛が薄くなってきたと気になります。その時の密度が50%~60%と言われています。

頭髪の密度が30%~40%になると周囲の人にも気づかれ始めます。
この時にはすでに手遅れって感じでしょうね。薄毛が進行している状態になります。

薄毛の治療をする人の割合のほとんどはこのように歳と共に薄毛になった方。遺伝による毛の喪失がほとんどを占めます。

薄毛の原因と薄毛になる人の割合

先ほどもお話ししましたが、薄毛になる主な原因は、「男性ホルモン」「酵素」「遺伝」「年齢」の4つとなります。
思春期から壮年期以降に遺伝的要素と男性ホルモンが原因となり、男性型脱毛症が始まるようです。

これは個人差はあるようですが、30~40代は薄毛が始まる時期となるようです。
そして、薄毛の治療に来る方も仕事で現役で働いているこの年代の方が多いようです。

また、薄毛治療をうけた年代は以下のようになるとのことです。

  1. 30代 → 58%
  2. 40代 → 25%
  3. 20代 → 9%

20代の方で薄毛治療を受けている方は少ないですが、若いうちは病気の直りが早いように、薄毛対策も早くから始めた方が治療の選択肢が広がり、効果は上がります。

もちろん薄毛対策は何歳からでも始められます。
高年齢で初めても遅くはありませんし、あきらめることはありませんよ。

年間30万人近くが受ける「自毛植毛」

日本では頭髪が薄くなると何とかしたいときに最初に浮かぶのは育毛剤ではないでしょうか。
現在、数多くの育毛剤が販売されていますが、実はどれも効果は同じとのことなんです。

薄毛の進行を遅らせるか、現状維持をする程度の効果しかなく髪がフサフサに戻ることはないと言われているんです。。。
なんか、ムダ金使っているだけで損した気分になるし、明るい未来が見えないというか。。。

また、かつらなどは被ったとたんに効果が実感できますが、長期にわたって使用すると、かつらの内部が群れて群れてかえって薄毛が広まったり、皮膚炎をおこしたり頭皮にあまりよくなかったりもします。

では、他にどんな治療があるのかというと最近では「自毛植毛」というのを耳にします。
植毛と言うと人工毛を植え込むイメージがありますが、世界的には自分の毛を再分配して薄毛を改善する自毛植毛が最も安全で効果的な方法として認められています。

アメリカでは世界一自毛植毛をしている国であり日本だけではありませんが、アジアは世界第2で植毛をしている人がいるみたいです。
今や世界中でこの自毛植毛が幅広い層で認められて浸透していっているみたいなんですよね。

そして、植毛はお金がかかると言われているのですが、治療も一度か2度で済みますし、日本で実際に自毛植毛を受けた方の大半はサラリーマン層だそうです。

しかもこの自毛植毛で満足した方の半数以上が一度の治療で満足し、2度目を入れると90%以上の方が満足しているようなんです。
今後はこの自毛植毛の治療が増えていくかもしれませんよね!

自分に合った薄毛対策を比較!

薄毛対策はいろいろありますが、どれが一番自分に合っているのかわからないですよね。
今回は、育毛剤、かつら、植毛、AGAを比較してみました。

3つの薄毛対策で自分に合ったやり方をみつけよう!
育毛剤かつら植毛AGA
特徴身体的負担が軽く、すぐにできるが、劇的な効果は望めない被るだけだが、人目が気になってしまう。逆にコンプレックスになることも自然なヘアサイクルで成長し、生え変わる。植え替える必要はなくなる治療によって自然なヘアサイクルで成長し、発毛効果が期待できる
効果個人差が大きく、現状維持の場合もある。効果が出るまでには時間が必要すぐに薄毛を隠せ、自分にあったスタイル、ボリュームが自在にできる自分の髪が自然に生え続ける。自分の髪が自然に生え続ける。
時間時間はかかる。しかも継続的に続けなければいけない作ってからすぐに生えそろうが、継続的なケアが必要になる数時間の治療が必要になる。生えそろうには10~12か月必要になる発毛までの時間はかかる。また発毛効果がない可能性もある
アフターケア継続的にケアが必要となる。使用を中止すると効果がなくなる長期に使用すると頭皮への負担となり、脱毛が悪化する可能性がある自毛植毛であれば自分のカミナアのでケアは一切必要なく、パーマ、カラーニング、スポーツなど髪に負担をかけても問題がない長期的な治療が必要となる。
費用価格は安価なものから高価なものまでさまざま。しかも継続的な費用が必要数年ごとに買い替えやメンテナンスが必要で継続的な費用が必要となる平均で1、2回の治療のみ。その後の費用は不要発毛まで継続的な費用が必要となり、発毛後も費用が発生する可能性がある
※男性・女性に今おすすめした育毛剤はこちらから!
⇒薄毛や抜け毛に本物の発毛効果!女性も使えるおすすめ育毛剤!


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



-AGA・発毛・育毛

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.