ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

ダイエット

散歩でもダイエット効果!運動量はウォーキング以上にもなる!

更新日:

運動が苦手な方はハードではないウォーキングで気軽に運動することができます。
ウォーキングは健康にいい運動で前回も記事を書いて紹介しました。

ウォーキングの7原則で便秘を改善し、大腸がんのリスクを減らす!

ウォーキングを毎日するだけで便秘を改善し大腸がんを防ぐことができるって知っていましたか? 一日にある程度の歩数を歩くだけで生活習慣病が防げるとなるとやってみる価値はあるのではないでしょうか。 大腸がん ...

続きを見る

しかし、早く歩き続けるのは意外と大変なものです。
高齢の方でも、早く歩くのは結構ツライ方もいるはずです。

そんな人におすすめするのが「散歩」です。
散歩は意外にも運動効果がありますし、脳を活性化するという素晴らしい効果もあるんです。

今回は散歩の運動効果と、おすすめの散歩のやり方を紹介します。

※ダイエットは腸内細菌を痩せ菌にすることで簡単に効果がでます!
デブ菌を減らして痩せ菌を増やす【プレミアムスリムビオ】
スポンサーリンク


激しい運動をしなくてもゆっくり歩く散歩も十分運動になる!

健康のために「歩く」という事はとっても大切なことです。
足腰もしっかりしますし、歳をとってもこけにくい体作りをしてくれます。

ランニングが苦手、続かない方はウォーキングをしていたりします。
ウォーキングでも十分な運動にもなりますし、なんだかんだで結構ハードです。

しかし、それよりもゆっくりと歩く「散歩」も運動の効果はぜんぜんあります。
実は散歩でも長い時間歩くとウォーキングに劣らないカロリー消費が期待できるんです。

ウォーキングと散歩で消費カロリーを比較

それではウォーキングと散歩でどれだけのカロリー消費量があるのかというと。
ウォーキング、散歩でそれぞれ20分間歩いた結果、当然ウォーキングの方が高い消費でしたが、散歩でも十分に運動になっていることが確認されています。

それぞれの平均カロリーは以下となります。

  • ウォーキング:約100kcal
  • 散歩:約80kcal

こうしてみるとウォーキングと散歩ではそれほど大きくカロリー消費の差があるわけでもないですよね。
ただダラダラと長く歩くだけで十分に運動になるんです。

とにかく、家でじっとするのではなく、ちょっと外に出て1時間くらいゆっくり散歩するだけでも十分な運動の効果があるんです。

実は長く続けられる散歩の方がウォーキングの運動量を上回ることもある!

上記のようにウォーキングと散歩の消費カロリーはそれほど大差がないこともわかっています。

散歩でも長い時間をかけて歩けば十分運動になります。
しかも、散歩はウォーキングよりも体感時間が遅く進むので実際の運動時間が長くなる傾向があるんです。

体感は代謝の状態によって変わります。
なのでウォーキングと散歩は代謝の状態が違うので体幹時間が異なるのです。

  • ウォーキング:
    代謝が上がり、体幹時間が早く進む → 運動時間が短くなる
  • 散歩:
    代謝がそれほど上がらず、体幹時間が遅く進む → 運動時間が長くなる

このように散歩で時間や自分で楽しみながら進むコースを決めることで長く続けられ、ウォーキングの運動量を上回ることもあるんです。

散歩で脳が活性化する!

実は散歩は脳にとってとてもいい効果を発揮します。
歩くと足を含む全身の筋肉が収縮することでポンプ作用が生まれ、血液の循環が促されます。
そのため脳の活性化にもつながっていくのです。

iPhoneを世に広めたあの「スティーブ・ジョブス」も大事なミーティングの際は散歩を取り入れていたんです。
あの大ヒット商品であるiPhoneもその散歩ミーティングで決めたと言われているんですね。

散歩をすることで脳が活性化され、いろんな発送が生まれ大ヒット商品が生み出されたんですよね。
たかが、散歩ですが運動だけではなく脳の活性化に素晴らしい効果を与えているんです。

楽しめる散歩コースを作って長く続けていきましょう!

とにかく、散歩は「歩く」ことが大事。
休みの日は家でじっとしているだけではなく、1時間でもいいから歩くことを実践しましょう。

1時間歩いただけで、結構気分もよくなりますし、気分もよくなりますよ。
※私はそうですが。

散歩するのがめんどくさいなぁ、っていう方はちょっと工夫を凝らして散歩をしてみるのはどうでしょうか。
自分の興味のあるものを取り入れたりしながら、ゆっくり歩くだけでもいろんな効果が生まれてきます。

例えば、以下のようなことを散歩に取り入れてみましょう!

  • 散歩コースに自分が興味ある場所を取り入れる
  • 坂道や階段を利用して脚力を鍛えて運動効果をアップする
  • 公園の芝生などを歩くことでバランス力を鍛える
  • 公園のストレッチ器具、ベンチなどを利用して軽い運動をする

ちょっとした工夫をするだけで、散歩が楽しめますし、運動量もウォーキング以上になったりもします。
ぜひ、休みの日に1時間だけでも散歩してみてくださいね。

それだけで、いい運動になりますし、工夫次第でダイエットにもつながりますよ!


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



-ダイエット

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.