ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

腸内フローラ・腸内環境

腸が喜ぶ2種類のバイオティクスを摂取し腸年齢を若くしてアンチエイジングしよう!

更新日:

人間の体にとって腸はとても大事な存在です。
腸の状態をよくすることで体調が全然違います。

この腸をいかに若く保つか、アンチエイジングすることによって歳をとり体に現れる老化をできるだけ遅らせることもできるんです。

中高年になっていくと「便秘」がちになっていきます。
しかし、腸をケアしていくことでアンチエイジングにつながり「腸年齢」を若くすることができるんです。

腸のアンチエイジングを意識し、改善していくことで、健康や美容にも直結しいいこと尽くしになります。

今回は腸を若く保つ食事のことを調べましたので参考にしてください。

腸に有利に働く「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」

腸を若く保つために有効な手段の一つとして機能性食品の摂取が必要となります。
食品の中には栄養素だけでなく体の健康に有益な成分、機能成分が含まれています。

この機能成分を効率よく摂取できる食べ物が機能性食品です。

腸内環境を整えるために「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」というものがあります。

  • プロバイオティクスは善玉菌と呼ばれる乳酸菌や納豆菌を含む食品です。
  • プレバイオティクスは善玉菌の餌となるオリゴ糖、植物繊維を多く含む食品です。

それぞれ役割は違いますが、元気な腸内フローラを育てるため物となります。

※腸内環境改善におすすめ!参考にいかがですか!?
⇒ 腸内環境改善!【プシュケー】公式サイト

⇒ 子どもの腸内環境を改善!【ちょーきれい!善玉ガード】公式サイト



プロバイオティクス(善玉菌の豊富な食品)

プロバイオティクスは善玉菌そのものを含む食品となります。

主に

  • ヨーグルト
  • 漬物・キムチ
  • 納豆
  • 味噌など

発酵食品といわれる食べ物が中心となります。

なかなか、このような発酵食品が取れない方はサプリメントも売っているので簡単に摂取できます。
しかし、健康のことを考えてしっかり食品で摂取することが一番いいですね。

プレバイオティクス(善玉菌の餌になる食品)

プレバイオティクスは善玉菌の餌となる野菜やフルーツ、海藻などの食品となります。

主に

  • 豆類
  • こんにゃく
  • バナナ
  • 柑橘類
  • 昆布
  • 蜂蜜など

オリゴ糖や植物繊維がおおい食べ物が中心となります。

こちらも日常生活でなかなか接種できない方はサプリメントでも摂取できます。

こうした機能性食品を日ごろから意識して摂取していると、便秘はもちろん腸内環境を改善し、健康な腸を維持し、アンチエイジングにつながるので、ぜひ試してみてくださいね!

⇒ 【ハイ・ユーグレナ(みどりむし)】公式サイト



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中! 自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています! 私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-腸内フローラ・腸内環境

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.