ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

腸内フローラ・腸内環境

体の70%の免疫細胞は腸に集中している!腸を健康にすることで病気にならない強い体づくり!

更新日:

冬場になってくると、空気が乾燥し席が出やすくなったり風邪をひきやすくなってしまいます。
私は風邪が長引くと咳が止まらず、病院に行くと咳喘息と診断されたほど。

冬場はほんと病気になりやすいんです。

何とか体を健康的にしたいと思っていますが、どうやったら病気に負けない強い体になるのか。
やはり「免疫力」ではないでしょうか。

ウィルスやがん細胞を攻撃する免疫細胞は人間にとってとても大事なものです。
それではその免疫細胞がどこで作られているのかというと、小腸・大腸で作られているんです。

しかも人間の体の70%が腸に集中しているんです。

腸を健康にすることによって病気にも負けない元気な体を手にすることができるんですよ!

※腸内環境改善におすすめ!参考にいかがですか!?
⇒ 腸内環境改善!【プシュケー】公式サイト

⇒ 子どもの腸内環境を改善!【ちょーきれい!善玉ガード】公式サイト

体の70%の免疫細胞は腸にいる!腸を健康的にすることで病気に負けない健康的な体に!

腸には体を外敵から守る免疫細胞が70%もあるんです。
特に小腸の表面にある絨毛と呼ばれるところには病原菌などの外敵から体を守るリンパ節に指令を出すセンサーがあります。

小腸が健康に動いていることで体に潜入してくるウィルスを防いでくれるわけなんです。

そして、大腸は小腸の免疫機能を正常に働かせる働きをします。
このような働きをするために大腸に住む善玉菌の働きが不可欠であることがわかったようなんです。

という事は病気を防ぐためには免疫細胞は不可欠なのですが、それを正常に働かせるためには善玉菌の働きが必要であり、腸内フローラのバランスが大きく左右しているわけなんです。

腸内フローラはほんとに大事なんですよ!

小腸には50%、大腸には20%の免疫細胞が集中している!

体の70の免疫細胞は腸に集中しています。
小腸は外敵を攻撃するリンパ球に指令をだす「パイエル板」が密集しています。
小腸の働きがなければ人間は体を守れません!

そして小腸に比べて免疫細胞が20%の大腸ですが、少ないように思えて実は重要な役割をしています。
大腸に住む腸内細菌の働きで免疫機能に大きく関係するんです。

大腸に善玉菌が増えることで小腸の免疫細胞を活性化し、免疫機能が上がりますが、逆に悪玉菌が増えると免疫機能は低下してしまうんです。

大腸の中の腸内フローラを善玉菌でいっぱいにすることで外敵に負けない強い体を作ることができます。

幸せホルモン「セロトニン」も腸で作られている!

セロトニンは精神を安定させるための脳内物質です。
セロトニンが不足することで、やる気がなくなり、うつ病の原因になったりもします。

このセロトニンを作るためには腸内環境がかなり関係しているんです。
セロトニンを作るためにはトリプトファンという物質が必要なのですが、食べ物からトリプトファンを合成するために重要な役割をするのが腸内細菌なんです。

この腸内細菌のバランスが悪いとトリプトファンの合成に必要な酵素やビタミンB6を生産できないのです。

腸は体だけでなく心の健康にも働いてくれるので腸内フローラを善玉菌でいっぱいにし元気な体作りを心がけましょうね!

⇒ 【ハイ・ユーグレナ(みどりむし)】公式サイト



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中! 自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています! 私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-腸内フローラ・腸内環境

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.