ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

腸内フローラ・腸内環境

腸内フローラを増やす腸内環境を元気にする3つの力

更新日:

腸は人間の体を元気にするために大切な器官です。
これまで腸内環境を改善することで病気やアレルギーへの効果、肌の効果、子供の発達障害への改善など記事にしてきました。

こちらは子供の発達障害と腸内環境についての記事ですね。

発達障害、自閉症にトランポリンの効果は絶大!便秘、ダイエットにも効果的!?

自分の子供が発達障害、もしくは自閉症の疑いがある中、いろいろと治療法を調べているうちにある記事を見て興味が湧きました。 それは、トランポリンで発達障害や、自閉症の子供に改善が見られたという記事です。 ...

続きを見る

我が家では、家族で腸活をしていますが、健康や生活の面において、ほんといろいろと役に立っているんですよね。
子供は小さなころに比べ、便秘は全然しませんし、むしろ快便続きです。

腸内環境を改善するだけではありませんが、生活のいろいろな面で子供らしくなっているというか発達障害であることを忘れてしまうことがあるほどです。

今では学校は特別支援学級ですが、勉強もついていけて帰ると宿題もするほど。
友達も支援学級以外でもできて子供らしい生活も送っています。

小さなことでもコツコツと子供のためにしてきたことがいろんなことで形になっていますし、ほんと良かったなと思います。
私の妻が発達障害についていろいろと学び、療育に連れていき子供のことを常に考えやってきたことが素晴らしい結果を出していると思います。

発達障がい児の体幹と空間認知。今のうちに鍛えてあげよう!

発達障害を持つご両親はいつも子供が将来どうなっていくのか心配だと思います。 そんな方にすこしでも希望を持って頂くべく私の体験をお話しします。 当初は不安でいっぱいでしたが、今では子供が成長していく姿を ...

続きを見る

とにかく腸内環境を常に正常な状態にしていることで人間の体にとって素晴らしい効果をもたらしてくれます。
健康に生活していくには腸はとても大切な器官となります。

今回は腸を元気にする3つの力を紹介します。

※腸内環境改善におすすめ!参考にいかがですか!?
⇒ 腸内環境改善!【プシュケー】公式サイト

⇒ 子どもの腸内環境を改善!【ちょーきれい!善玉ガード】公式サイト

スポンサーリンク


腸内環境は3つの力(善玉菌、食物繊維、腸腰筋)によって元気になる!

腸内環境を完全し、腸内フローラを増やすためには腸を常に健康に強くしなければいけません。
腸を強くするには大腸を常にきれいに保つことが大切です。

大腸は食べ物の食べかすが排泄される前に最後にたどり着く場所となります。
その大腸に食べかすが留まり続けていると、腐敗していき有害物質を発生させ、人間の体内に毒素が広がり病気やアレルギーの原因となってしまいます。

つまり、大腸に食べかすが運ばれてきたら、しっかりスムーズに排泄できるようにすることが健康を保つためには大切になります。

このように大腸がしっかり働くようにするために「3つの力」が必要となります。
大腸に来た食べかす(便)をしっかりダシお通じを良くするためには腸に良い食べ物を食べ、腸内環境のバランスを整え、しっかり排泄することが大切です。

腸を元気にする「食物繊維」

食物繊維は腸にとって第6の栄養素ともいわれています。
以前までは食物繊維は消化ができないため、人間の体に必要がないものと思われてきました。

しかし、最近では腸内をきれいに保つために重要な役割を果たすことが証明されています。

また、食物繊維は善玉菌の餌にもなるので善玉菌を増やすためには大切な栄養素となります。

腸を元気にする「善玉菌」

善玉菌は食べ物を食べた後の食べかすを排泄しやすいようにするためにとても必要なものです。
腸内環境で善玉菌を増やし、悪玉菌の増殖を抑えることで、腸内フローラのバランスを整えることができます。

腸内で善玉菌を増やすにはヨーグルトや発酵食品を積極的にとり、生きたまま腸に届く善玉菌を送りこむことが大切です。

私がオススメするのは日本人の腸に合うとする「植物性乳酸菌」です。

一日一本の「植物性乳酸菌ラブレ」で家族の腸内環境が改善した!下痢も便秘もなく毎日快便です!

腸活ということで今までヨーグルトや運動など色々と試してきましたが、今私の家族でブームとなっているのが、「カゴメ 植物性乳酸菌ラブレ」なんです。 なぜブームなのかというと、理由はたった一つです。 効果テ ...

続きを見る

腸を元気にする「腸腰筋」

生きた善玉菌を取り入れ食物繊維を摂取することは大切ですが、最後に「便」を排泄するための「出す力」が必要になります。

そのためには食事だけでなく運動によって下半身のインナーマッスル(腸腰筋)を鍛え、日ごろから出す力を強化することが大切です。
運動はとにかく歩くことが大切です。

前回座りっぱなしの仕事の人は便秘になりやすいという記事を書きましたが、運動をしないと便秘の元になってしまします。

長時間座り続けると胃腸の機能を低下し便秘になりやすくなる!

私はエンジニアっぽい仕事をしていますが、ほとんどが座り仕事です。 座りっぱなしの状態で長時間仕事をしているとほんと体のいろんなところに悪い影響が出てしまいます。 例えば、長時間同じ体制で筋肉が硬直し、 ...

続きを見る

とにかく下半身を鍛え、腸腰筋を鍛え排泄を正常にするための力を鍛えていきましょう!

散歩でもダイエット効果!運動量はウォーキング以上にもなる!

運動が苦手な方はハードではないウォーキングで気軽に運動することができます。 ウォーキングは健康にいい運動で前回も記事を書いて紹介しました。 しかし、早く歩き続けるのは意外と大変なものです。 高齢の方で ...

続きを見る

紹介した3つの力を高め、腸内環境を良くすることで肥満防止となり、免疫力を向上し、大腸からくる様々な病気の予防につながります。

腸内環境を強くしていくには何歳からでも、今からでもできます。
今からでも腸内環境を良くするための知識を身に着け健康な体作りをするように頑張りましょう!

⇒ 【ハイ・ユーグレナ(みどりむし)】公式サイト


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



-腸内フローラ・腸内環境

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.