ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

腸内フローラ・腸内環境

一晩で出来る豆乳グルグルヨーグルトで今まで治らなかった便秘や下痢も解消!

投稿日:

私はこのブログでも言っていますが、昔からずっと下痢に悩まされ続けていました。
いつもお腹が痛くなる時は左の脇腹近くにある腸が何とも言えない痛み。すぐにトイレに駆け込むと下痢で長いときは30分もトイレに閉じこもっている状態です。

結婚して、食生活も良くなりましたが、なかなかこの下痢に悩まされ続けていました。
このブログを始めて腸内環境に対する考えが変わっていき、今ではいかに腸内環境を良くし腸内フローラを増やしていくのかを調べています。

私が劇的に腸のトラブルに効果があったのは、植物乳酸菌のラブレを飲み始めたときです。
一週間のうち何度もトイレに駆け込んでは下痢に悩まされ続けたのが一週間たつとほとんど下痢にならなくなったんですよね。

一日一本の「植物性乳酸菌ラブレ」で家族の腸内環境が改善した!下痢も便秘もなく毎日快便です!

植物乳酸菌は日本人に合うという事で、このラブレはすごく重宝しています。

また、便秘に効果的な塩レモン水も便秘気味の方には好評だったようです。
塩レモン水1ℓでデトックス効果抜群!腸の働きが良くなり便秘も下痢も解消!

そして、今回紹介するのは下痢に悩まされ続けている方にかなり効果があると言われている「豆乳グルグルヨーグルト」を紹介します。
これは、作家のさとうみつろうさんがブログで提案されたもので、豆乳と玄米を発酵させて手作りすることができる植物性のヨーグルトなんです。

このヨーグルトは腸の調子が良くなり、食べ続けることで長年悩まされ続けた腹痛や下痢を直すことができたという声を聞きます。
また、腸を良くすることで免疫力が付き、疲れにくく、気持ちも前向きになるので是非試してみてください!

※腸内環境改善におすすめ!参考にいかがですか!?
⇒ 腸内環境改善!【プシュケー】公式サイト

⇒ 子どもの腸内環境を改善!【ちょーきれい!善玉ガード】公式サイト

スポンサーリンク


長年悩まされ続けられた便秘や下痢も治る!「豆乳グルグルヨーグルト」の効果と作り方!

豆乳グルグルヨーグルトは長年悩まされ続けた下痢を直す効果もありますが、もちろん便秘にも効果はあります。
このような発酵食品を自分で手作りで作ることで安いコストで健康になれますし、どんどん腸の調子が良くなると自然と気持ちも楽になり、穏やかになってきます。

腸は人間の性格までも左右するのでほんとに大事なんですよ。
腸内環境を改善することで血管の病気・肥満や認知症の改善だけでなく性格まで左右される!

是非、今腸のトラブルを抱えている方は試してみる価値はあると思います!
他にも豆乳グルグルヨーグルトの効果がありますよ!

豆乳グルグルヨーグルトの効果

  • 腸内環境改善(便秘・下痢)
  • 悪玉コレステロール値の低下
  • 高血圧・糖尿病
  • ダイエット効果
  • シミ・シワなどの肌トラブル
  • 更年期障害による気分の落ち込み
  • 免疫力向上

豆乳グルグルヨーグルトの作り方

それでは豆乳グルグルヨーグルトの作り方を紹介します。

材料:

  • 玄米(生)- ティースプーン1杯
    ※無農薬栽培のもの
  • 豆乳   - 200mℓ
    ※無調整タイプ
  1. 1回目の発行:
    玄米を軽く洗い、300mℓの容器に入れ、そこに玄米が隠れるように豆乳を60mℓ入れ、ふたをする。2~3日常温に置き、トロット固まれば成功。
  2. 2回目の発行:
    1回目の発行の豆乳の高さの倍の位置まで豆乳を60mℓ程度を注ぎ、ふたをして常温に置く。玄米を下に沈めておきたいので、かき混ぜない事!
  3. 3回目の発行:
    残りの豆乳(80mℓ)を入れ、ふたをして常温に置く。約5~8時間程度で固まる。一回目、2回目はにおいがきついが、3回目の発行で市販のヨーグルトのような香りになっていることを確認して完成!

完成後は冷蔵庫で保管してください。

種菌を使えば一晩で出来上がる!

豆乳グルグルヨーグルトが完成するまでに時間がかかってしまいます。
もっと早くできないかと言う方のために「種菌」をつかった一晩で出来る「豆乳グルグルヨーグルト」もあります。

食べきりサイズもあれば、豆乳の容器に直接まとめる方法もあります。

種菌を使った「豆乳グルグルヨーグルト」食べきりサイズ

  1. 自分の好きなカップに豆乳を入れ、種菌をティースプーン1杯を加えてかき混ぜる。
  2. ラップをかけて常温で一晩おいて固まったら完成。

種菌を使った「豆乳グルグルヨーグルト」豆乳の容器で直接作る場合

  1. 市販の1ℓ程度の豆乳のキャップを開け、中の豆乳を100mℓ程別の容器に移す。
    ※空いたスペースに種菌を入れるため
  2. キャップ口から漏斗(ろうと)で種菌を大さじ2~3杯入れる。ろうとがない場合は小さなスプーンで何回かに分けて入れる。
  3. キャップをして容器をゆすり、常温で一晩おいて固まったら完成。

※完成後は冷蔵庫で保存すること

植物性乳酸菌は日本人に合った乳酸菌なので、これまでの動物性のヨーグルトとは効果が劇的に変わったと思う方もいるはずです。
是非、豆乳グルグルヨーグルトを試してみてくださいね!

⇒ 【ハイ・ユーグレナ(みどりむし)】公式サイト


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



-腸内フローラ・腸内環境

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.