ITエンジニア系ブログ。格安SIM、健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

腸内フローラ・腸内環境

3つの便秘薬の種類を理解し効き目と副作用を知ろう!

投稿日:

便秘の方でよく便秘薬を使う方がいます。
私の嫁も結婚前は便秘がひどく、よく便秘薬を使っていました。しかも、使用量を完全に無視して10粒くらい一気に飲んでいましたw

さすがに今は腸内環境を改善して、全く便秘薬を飲まなくなりましたが、当時は私が心配するくらい便秘薬をたくさん服用していました。
今回は、今使っている便秘薬が自分にあっているのか、そして、その便秘薬の効き方と副作用を紹介します。


>>>>>>お試し1ヶ月1980円!おすすめの腸内環境改善サプリ!
善玉ガード子供の腸内環境を改善してくれます。







便秘薬は「腸を刺激する薬」と「便の質を改善する薬」がある!

便秘に使われる薬の多くは、下剤に分類されます。
もっとも広く使われているのは、台帳を刺激して排便を促す薬です。
中でも、主成分としてアントラキノンが含まれているものが多く処方されています。

市販薬も、アントラキノン系の薬、またはアントラキノンを含む薬が主流となっています。
このタイプの下剤は、一時的に使うなら、非常に良い薬です。

しかし、慢性便秘症の人がずっと使い続けると、帰って自然な便意が起こりにくくなってしまします。
これが私の嫁が若い頃になった原因の一つです。こうなってしまうと、便を出すために毎回薬を服用しないといけなくなってしまい、使用量もどんどん多くなってしまします。

さらに、アントラキノンには大腸メラノーシス(大腸黒皮症)という副作用になる可能性があります。
これは腸の粘膜が黒くなり、自覚症状がありません。腸壁の黒くなった部分は機能が低下し、便秘を悪化させてしまいます。

下痢には他にも便の方を出やすい状態にする塩類下剤や、膨張下痢があります。
便の水分量を増やすなどし、排便しやすくする薬です。
どちらかというと、アントラキノン系の便秘薬より、自然な排便に近い便秘薬を使う方が良いですよ。

市販薬にも、「塩化マグネシウム」や「酸化マグネシウム」を主成分としているものがあります。
便秘薬を選ぶときには、成分を確認して、できるだけ腸本来の機能を低下させないものを選びましょう。

便秘薬(下剤)の分類

上記で説明した便秘薬の特徴を表にまとめました。
ぜひ便秘薬を買うときに参考にしてくださいね!

test
特徴 種類 性質




腸に刺激を与えて排便を促す便秘薬。大腸を刺激するものと、小腸を刺激するものがあるが、台帳を刺激する下剤が主流となっている アントラキノン系 アントラキノンという成分が台帳の粘膜を刺激する。作用が強く、常用すると大腸メラノーシスを起こしやすい
ジフェニルメタン系 ピコスルファートナトリウムや、副交感神経を刺激するビサ抉るなどの成分を含むので、比較的作用が穏やか




便の水分量を増やして柔らかくしたり、カサを増したりして排便しやすくする 塩類下痢 マグネシウム製剤が主流。台帳の水分量を増やして便を柔らかく、滑りやすくする。副作用が少なく使いやすい。
膨張性下痢 食物繊維のように便のカサを増やすことで排便を促す。お腹が張ることもある。


直腸の感覚が鈍っている人には座薬の方が有効な場合がある。 座薬 炭酸ガスを発生して直腸を刺激する。内服薬と比べて即効性があるところが特徴

便秘薬で便秘を解消することはいいと思いますが、できるだけ自然な排便を心がけるようにしましょう!
便秘薬でなくても乳酸菌を毎日飲むことでも便秘は解消されますよ。ちなみに私のオススメは植物性乳酸菌です!

乳酸キャベツを作って乳酸菌を増やして腸内環境を改善できます。

この他にも腸内環境を改善している記事を書いていますので、便秘に悩んでいる方は参考にしてみてくださいね!


腸内環境を改善してくれるミドリムシサプリメント
【ハイ・ユーグレナ(みどりむし)】 は今市場注目されているミドリムシのサプリメントです。 腸内環境を改善するならオススメですし、リピーターも多いサプリメントです。








この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中! 自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています! 私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-腸内フローラ・腸内環境

Copyright© GOISBLOG , 2018 All Rights Reserved.