ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

腸内フローラ・腸内環境

善玉菌を増やす!ヨーグルトの効果を最大限に引き出す方法

投稿日:

腸内環境を改善するために、ヨーグルトを食べている方は多くいると思いますが、ヨーグルトを食べて善玉菌を増やすためには食べるタイミングも大事です。

乳酸菌やビフィズス菌は酸に弱い性質を持っています。
特に空腹時にヨーグルトを摂取すると、遺産の濃度が高く、腸に達するまでの間に善玉菌が壊されやすいので、胃の中に何も入っていない食前よりも、遺産がウスマッッタ食事中や食後に食べた方が善玉菌が生きたまま腸に届きやすくなります。

死んだ菌体も善玉菌の餌にはなりますが、生きたっまの善玉菌を腸に届けるような食べ方を心がけることが大事です。

ヨーグルトで善玉菌を育てて腸内環境を改善しよう!

最近では健康を気にしている人は「プロバイオティクス」や「プレバイオティクス」という言葉をよく耳にすると思います。

このブログでもプロバイオティクスとプレバイオティクスの記事も書いているので参考にしてください。

腸が喜ぶ2種類のバイオティクスを摂取し腸年齢を若くしてアンチエイジングしよう!

人間の体にとって腸はとても大事な存在です。 腸の状態をよくすることで体調が全然違います。 この腸をいかに若く保つか、アンチエイジングすることによって歳をとり体に現れる老化をできるだけ遅らせることもでき ...

続きを見る

プロバイオティクスは、生きたまま腸に届き、人体に良い影響を及ぼす微生物やそれらを含む食品です。
それが、乳酸菌やビフィズス菌と行ったような善玉菌となります。
それらを含むヨーグルトや乳酸菌飲料のことを指します。

また、ヨーグルトが町内の善玉菌を増やして、悪玉菌を抑え、便秘の解消にオススメの食品であることは皆さんはご存知ですが、このヨーグルトの効果をより高める効果があるのが「プレバイオティクス」です。

プレバイオティクスは大腸内の善玉菌の栄養源となり、善玉菌の増殖に働きかけ、その結果、人体に有益に働く物質です。
簡単にいうと善玉菌の餌になる食品のことで、食物繊維やオリゴ糖のことを指します。

※腸内環境改善におすすめ!参考にいかがですか!?
⇒ 腸内環境改善!【プシュケー】公式サイト

⇒ 子どもの腸内環境を改善!【ちょーきれい!善玉ガード】公式サイト



善玉菌とプレバイオティクスとの相乗効果で腸内環境改善!

乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は、食物繊維やオリゴ糖などの餌があれば元気に活動し、腸内に住んでいる善玉菌を優勢にし、悪玉菌の増殖を防ぎます。
ヨーグルトを食べるときは、プレバイオティクス食品も一緒に撮ることを意識することで、いつもより善玉菌を効率よく増やすことができます。

また、ヨーグルトや乳酸菌飲料は腸内環境を整えるだけでなく、食品としての栄養価も高いです。

ビタミンAは皮膚や粘膜を上部にし、ビタミンB2は傷んだ皮膚細胞の修復に寄与します。

さらにカルシウムも豊富なため、歯や骨を丈夫にし、体をつくるタンパク質や、余計な塩分を排出し、血圧も下げる効果もあるカリウムも含まれます。

ヨーグルトを毎日食べることで腸内環境を改善し、人間の体にとって良いことが多いですが、摂取量は1日、200〜300gを目標にしましょう!

乳製品でお腹がゆるくなる人はヨーグルトを食べるようにしよう

よく乳製品でお腹がゆくるなったり、ゴロゴロする人もいると思います。
それは牛乳に含まれる乳糖と呼ばれる糖に対しての耐性低い体質であることが原因とされています。

ヨーグルトは乳酸菌やビフィズス菌の力で乳糖が分解されるので、乳糖に対して耐性が低い人でも食べられます。

お腹がゆるくなるので乳製品を取らないという人ほど、むしろヨーグルトなどのプロバイオティクスを取り入れ、腸内環境を改善することをおすすめします。

ヨーグルトと相性の良い「プレバイオティクス食品」

プロバイオティクス食品のヨーグルトは善玉菌の餌となるプレバイオティクス食品と一緒に食べると効果的です。
以下はヨーグルトと相性の良い食品を紹介します。

ハチミツ

ハチミツはミネラルの他、オリゴ糖も含まれているので、善玉菌増殖に働きかけてくれます。
ヨーグルトの酸味が苦手な人は、オリゴ糖よりも甘みが強いハチミツを入れると美味しく、効果も倍増します。

りんご

りんごは水溶性食物繊維のpクチンが含まれ、余分な志望の吸収を抑える働きもあります。
また、ビフィズス菌の大好物であるオリゴ糖も含まれているのでビフィズス菌入りヨーグルトとの相性は抜群です。

ドライフルーツ

ドライフルーツは果実を感想させ、食物繊維もそのままで、天然の甘みが凝縮され、ヨーグルトの酸味を抑えます。
歯ごたえもあるので、よく噛むことで満腹感も得られます。

バナナ

不溶性食物繊維と水溶性食物繊維がバランスよく取れているバナナは、消化しやすく便秘だけでなく、下痢の改善にも役立ちます。
ヨーグルトに切って加えるのはもちろん、ヨーグルトドリンクに入れても美味しくいただけます。

便秘は2つの食物繊維を区別して摂取することですっきり改善されるぞ!

便秘は多くの方が悩まされていますよね。 特に女性はかなりの方は便秘に悩まされているのではないでしょうか。 便秘で長い時には2週間も出ないって時があり、そのときなんかおなかの中に何かおもりが入っているよ ...

続きを見る

さつまいも

さつまいもは豊富な食物繊維をはじめ、排便をスムーズにする成分なども含まれています。
皮付きのまま、食べやすい大きさに切ってレンジで柔らかくし、温かいうちにヨールグトと混ぜ合わせます。

「さつまいも」のズバ抜けた能力は腸内環境改善!便秘を解消し免疫力をアップ!

便秘で困っている方には善玉菌と食物繊維はとても重要だという事はこのブログで紹介しています。 腸内環境を良くするために必要な3つのことを書いた記事はこちらから参考にしてくださいね。 便秘の方にとって重要 ...

続きを見る

グラノーラ

食物繊維がたっぷりのグラノーラとヨーグルトは、とても相性がいい組み合わせです。
時間のない朝にも簡単に食べれますし、朝からお通じもかなり期待ができる食品です。

オリゴ糖

オリゴ糖はプレバイオティクス食品の代表格と言えます。
冊ほどの甘みはありませんが、ビフィズス菌が大好物なので、ビフィズス菌入りのヨーグルトと組み合わせは最高ですし、腸内環境を改善したい方にもおすすめです。

ヨーグルトはただ食べるだけでなく、プレバイオティクス食品との組み合わせで、いろんな味が楽しめますし、体にもとてもいい効果を発揮してくれます。

ぜひ自分にあったヨーグルトとの組み合わせを見つけて腸内環境の改善をしてくださいね!


腸内環境を改善してくれるミドリムシサプリメント!
⇒ 【ハイ・ユーグレナ(みどりむし)】公式サイト



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中!
自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています!
私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-腸内フローラ・腸内環境

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.