ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

腸内フローラ・腸内環境

オリゴ糖を砂糖の代わりに料理に使って腸内環境を改善

投稿日:

いつもの料理に砂糖を使うことは当たり前ですが、砂糖がわりに「オリゴ糖」を入れて料理することで腸内環境を改善できるんです。
オリゴ糖は熱にも強いので料理やお菓子を作るときに加熱しても失われることはありません。

砂糖よりも甘さは劣りますが、砂糖のようにカロリーは高くなく太りにくいです。
しかし、オリゴ糖を入れすぎると、お腹がゆるくなる原因にもなるので注意しましょう。

今回はオリゴ糖がどれだけ腸内環境にいいのかを紹介します。

オリゴ糖はビフィズス菌の餌になり腸内環境を良好にしてくれる!

善玉菌は糖を餌にしています。これは、これまでの記事でも説明してきました。

腸内環境改善で花粉症の改善!たった1つの方法は善玉菌を増やすだけ!

寒い冬から、暖かくなり春になるとなんか嬉しくなりませんか? 外に出るとポカポカし、散歩するだけで気持ちいいですよね。 しかし、20代後半からなぜかこの時期になると鼻がムズムズするようになり、くしゃみを ...

続きを見る

その中でもビフィズス菌の好物となるのがオリゴ糖です。
オリゴ糖は消化液や消化酵素に強い性質があり、小腸で吸収されず、直接大腸まで届きます。

そこでビフィズス菌の餌になり、ビフィズス菌の働きを助け、乳酸や酢酸を産生します。
この酸が腸内環境を良好にしてくれます。

そのほかにも、腸を刺激して、ぜん動運動を活発にして、日々のお通じを促す作用や血糖値や中性脂肪値を上昇しにくくする作用、虫歯の発症を抑える効果まであります。

最近ではオリゴ糖を使いやすく製品化したものもスーパーなどで市販されています。
ビフィズス菌入りヨーグルトにスプーン1杯程度を混ぜて食べれば、効率よくビフィズス菌の働きを活性化できます。

しかし、先ほどをお話ししたようにオリゴ糖は取りすぎるとお腹をゆるくする原因となります。
野菜や果物からとるぶんには特に問題はありませんが、既製品を使用する場合は使用量をしっかりと確認するように注意してくださいね。

※腸内環境改善におすすめ!参考にいかがですか!?
⇒ 腸内環境改善!【プシュケー】公式サイト

⇒ 子どもの腸内環境を改善!【ちょーきれい!善玉ガード】公式サイト



オリゴ糖が多く含まれている食材

ビフィズス菌の好物であるオリゴ糖は以下のような食材に多く含まれています。

  • ごぼう
  • 玉ねぎ
  • りんご

ごぼうや玉ねぎには「フラクトオリゴ糖」、りんごには「アラビノオリゴ糖」が含まれ、全てビフィズス菌の餌になります。
さらに「フラクトオリゴ糖」はミネラルの吸収を助け、骨密度の低下を抑制する働きもあります。

毎日の食事にオリゴ糖をしようし、ビフィズス菌の働きを活性化し、腸内環境改善!

熱に強いオリゴ糖は、オリゴ糖が含まれた野菜や果物を加熱しても失われることはありません。
製品化されたものを使用するときは、料理やおかし作りで砂糖の代わりに使い、珈琲や紅茶などの温かい飲み物に入れたりしてもビフィズス菌の働きがよくなる効果は失われません。

ただ先ほどもお話ししたように、オリゴ糖は甘さに関しては砂糖より劣るので、甘みがもっと欲しいからといって、入れすぎないようにしましょう。


腸内環境を改善してくれるミドリムシサプリメント!
⇒ 【ハイ・ユーグレナ(みどりむし)】公式サイト



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中!
自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています!
私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-腸内フローラ・腸内環境

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.