【PaloAlto】ファイアウォールセキュリティのVMシリーズ(OVA)をダウンロードする方法

「PaloAlto」はセキュリティプラットフォームとして有名で、ハードウェアと仮想マシンのプラットフォームを提供しています。

今回は仮想マシン用プラットフォームをVMware(ESXi)環境にデプロイするためにPaloAltoの仮想ファイルのダウンロード手順をまとめました。

「PaloAlto」VMシリーズOVAファイルのダウンロード方法

「PaloAlto」のVMシリーズのOVAファイルをダウンロードするにあたり大前提として、PaloAltoのアカウント作成が必要となります。

アカウント作成は「Sigh In」から新規アカウント作成可能です。
私は会社のアドレスで登録しました。何かと便利なので。

「PaloAlto」サイトへアクセス

PaloAltoのアカウントを作成後、以下のページへアクセスします。
https://support.paloaltonetworks.com

アクセス後、以下のリンクにアクセスします。
「Assets」>「VM-SeriesAuth-Codes」

アクセス先のページで以下のように中央メニューで「AuthCode」が表示されます。
こちらは会社メールアドレスのアカウントと連携しているかもしれません。
※中央メニューが表示されない場合はページ更新ボタン、もしくはキーボード「F5」を押して更新します。

対象となるVMシリーズから「Action」から赤枠の矢印をクリックします。

ダウンロードファイルが表示されるので、「PAN-OS for VM-Series Base Images」から対象のOSをダウンロードします。

正常にダウンロードが環境した後はESXiでデプロイします。

PaloAltoのVMシリーズOVAファイルのダウンロード手順は以上となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!