ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

ネットワーク技術

Juniper Static設定(デュアルスタック)これさえ押さえておけば大丈夫。簡単設定!

更新日:

今回はJuniperスタティックルートの設定コマンドを紹介します。
ぱっと見は簡単ですが、結構、IPv6コマンドは忘れがちなのでメモっておきます。

IPv6はアドレス体系さえ、覚えておけば設定はほとんどIPv4と同じなので、しっかりIPv6を頭に入れて設定するようにしましょう。


Linuxアカデミーの資料が無料請求
リナックスアカデミー【公式サイト】

自宅で無料でオンラインブートキャンプができるようになりました!
オンラインブートキャンプ無料体験

IT系エンジニアNo1転職サイト
レバテックキャリア【公式ホームページ】

スポンサーリンク


Junos(inet6.0)コマンドを忘れがち。help、Tabキーでは確認できない。

構成図
Juniper_static

junos IPv6スタティック設定は”rib inet6.0”コマンドを入れて設定。
これもコマンド体系としてはさほど大きな変化はない。

しかし、”inet6.0”はtabキー、helpを押してもコマンドは出てこないので、注意。直接コマンドをたたくこと。
ここって結構重要なので覚えておくこと!

set routing-options static route 2.2.2.2/32 next-hop 192.168.2.2
set routing-options static route 3.3.3.3/32 next-hop 192.168.1.2
set routing-options rib inet6.0 static route 2002:c0a8:FFFF:FFFF::2/128 next-hop 2002:c0a8:FF00:2::2
set routing-options rib inet6.0 static route 2002:c0a8:FFFF:FFFF::3/128 next-hop 2002:c0a8:FF00:1::2

デュアルスタックでデフォルトルート

junosもついでにデフォルトルートの設定は以下となる

set routing-options static route 0.0.0.0/0 {ネクストホップアドレスor送信インターフェース}

 

set routing-options rib inet6.0 static route ::/0 {ネクストホップアドレスor送信インターフェース}

まとめ

Juniperのスタティック設定コマンドでIPv4とIPv6の大きな違いは"rib inet6.0"コマンドを使用するところでしょうか。
ここさえ押さえておけばIPv6のスタティック設定も、大して難しくないでしょう。

また、Ciscoとは違ってコマンドを設定する際は、"set"コマンドを使用すること。
コマンド設定後もすぐには、反映されることは無いので、反映前の"show | compare""commit check"をお忘れなく。

最後に、スタティックの設定をしても、必ず、"show route"でスタティックルートがルーティングテーブルに反映されていることも忘れないことです!

以上!

○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書
⇒サーバーエンジニアへの構築手順書


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



-ネットワーク技術
-, , , ,

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.