【SSHkey】VPSで生成した秘密鍵を使用してSSHでアクセスする方法(Windows編)


WindowsでSSHアクセス用に生成した証明書「SSHkey」を使用してSSHログインを実施する方法をまとめました。

今回は、VPS(ConoHaVPS)から生成したSSHkeyを用いたアクセスの手順をまとめます。

VPSで生成した秘密鍵「SSHkey」を使用してSSHログインする方法

まずは、SSHkeyを生成するために、VPSへアクセスし、以下の手順で実施します。
※VPSはConoHaVPSを使用しています。

  1. VPSへログインし、左メニューから「セキュリティ」>「SSH key」を選択します。
    「SSH key」を選択すると中央メニューにSSH keyの設定画面が表示されるので、「+パブリックキー」をクリックします。
  2. キーの生成画面が表示されるため、以下項目を設定します。
    • リージョン:東京
    • 登録方法:自動作成
    • ネームタグ:任意の名前
  3. 上記作成後、「保存」ボタンをクリックするとプライベートキーのダウンロードのポップアップが表示されるので、SSHアクセスするPCにダウンロードします。
    ※プライベートキーのダウンロードは一度きりなので、ダウンロードしたファイルは必ず保存しておきましょう。
     Googleドライブやエバーノートなどに保存しておくと便利です。
  4. VPS上で生成されたキーが保存されます。
  5. ファイルは「pem」の拡張子でダウンロードされます。

WindowsPCからダウンロードした「SSH key」を使用してSSHログイン実施

Windowsで「TeraTerm」を起動し、対象のサーバーへsshアクセスをします。

SSH認証画面が表示されるので以下設定を実施します。

  • ユーザー名:対象サーバのIPアドレス、もしくはドメイン名
  • パスフレーズ:対象サーバへのパスワード
  • 認証方式:秘密鍵でダウンロードした「PEM」形式のファイルを参照

設定後、「OK」をクリックしSSHアクセスができることを確認します。

正常にアクセスできるとサーバーのコマンドプロンプトが表示されます。

Last login: Mon May  4 18:20:12 2020 from x.x.x.x
[root@xx-xx-xx-xx ~]#
[root@xx-xx-xx-xx ~]#

VPSで生成した「SSH key」を使用した接続手順は以上となります。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!