ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

ネットワーク技術

CiscoSSH対応OSの見分け方〜SSHの落とし穴〜

更新日:

最近セキュリティの重要性が騒がれている中、NW機器でもSSH接続が(主流!?)になってくるのでは無いでしょうか。

SSHは暗号化されるため、インターネットを経由する際、盗撮などを防ぎ安全なアクセスを可能にします。
そんなCiscoにおいてのSSHの設定ですが、sshコマンドをたたいても、コマンドが見当たらないことは無かったですか?

じつは、CiscoのOSでサービスによってOSが対応、未対応があるので気をつけてください。


TVでも話題になった自宅で無料でオンラインブートキャンプが体験できるようになりました!
プログラミングのオンラインスクールCodeCamp

※資料ダウンロード(無料)はこちらから!
【CodeCamp(コードキャンプ)】公式案内

スポンサーリンク


SSH対応OSはしっかり確認すること!

SSHもほかのサービスと同じように、対応OS、未対応OSがあります。
例えばBGPやOSPFなども、OSによっては対応か未対応かは異なります。

以下はc3750、c3550でSSHが使用可能なOSの差分を表示しています。

c3750-ipservices-mz.122-50.SE3.bin  #SSH未対応
c3750-ipservices-mzk9.122-50.SE3.bin #SSH対応

c3550-ipservices-mz.122-44.SE6.bin  #SSH未対応
c3550-ipservicesk9-mz.122-44.SE6.bin #SSH対応

各OSにおいてSSH対応可の時は「k9」という文字列がついてればOKのようです。
しかし、どのOSにおいてもSSHはデフォルト対応可能にしてほしいものですね。

○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書
⇒サーバーエンジニアへの構築手順書

Linuxアカデミーの資料が無料請求できます!
リナックスアカデミー【公式サイト】


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



-ネットワーク技術
-,

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.