ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

ネットワーク技術

JunosE(ERX、E120)でデバッグする設定

更新日:

JunosEの設定はネットではあまり多く出回ってなく、英語ばかりです。
コンフィグを設定するのもめんど臭いのに、デバックを出力させることなんてもっとめんどくさいので、忘れないうちにメモをとっておきます。

JunosEのデバック設定例

Ciscoなどでは「debug」コマンドを使用すればよいのですが、JunosEではそんなコマンド無いです。
この時点で既にめんどくさいです。

まずは、コンフィグレーションモードに入ります。

configure terminal

ここで、デバッグの設定をしていくのですがコマンドは「log」ってので始まります。
以下は自分で設定した例です。

log here

デバッグを出力するコマンド(使わなくてもいいかも)

また、コンソール経由でデバッグを出力を出力する際は以下のコマンドで出力が可能になります。

log destination console severity debug

今回はPPPoE接続とRADIUS認証をデバックする設定をしました。
自分が確認したいデバッグはコマンドのdescriptionを確認しながら設定するといいですよ。

以下で設定した内容がうまくいったので、設定例となります。

log engineering
log verbosity low
no log severity *
log severity debug aaaEngineGeneral
log severity debug aaaServerGeneral
log severity debug aaaUserAccess
log severity debug pppoe
log severity debug radiusAttributes
log severity debug radiusClient
log severity debug radiusSendAttributes
log destination console severity debug
no log engineering
log fields timestamp instance no-calling-task
○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書
⇒サーバーエンジニアへの構築手順書

ITエンジニアで就職するならこちらのサイトがおすすめです!
【レバテックキャリア】



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中! 自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています! 私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-ネットワーク技術
-,

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.