ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

ネットワーク技術

【BIG-IP】ucsファイル作成からTFTPアップロードまでの流れ

更新日:

F5社製「BIG−IP」のコンフィグはとにかく長い!容量にすると2M近く。
cliではかなり長文で何書いてんのか読むのも大変!

まぁ、だからGUIで操作するんですけどね。

そんなことで、他のNW機器とは違う独創的というか、突っ走っているこの「BIG−IP」のコンフィグバックアップまでの流れをメモします。


>>>>>>エンジニアおすすめサイト
⇒IT、WEB、プログラミングのキャリアアップを目指す方はオンラインで学べる
コードキャンプがおすすめです。

無料体験レッスンも受けることができますし、専門の講師がしっかりサポートもしてくれるので安心です。
しかも、初心者からこれからキャリアアップして転職を考えている方もしっかりとサポートしてくれます。
年収もアップするために次のステップに進みましょう!

BIG−IPのバックアップ手順をメモります

それでは、コンフィグバックアップをする前にちょっと一手間かけます。
Cisco機器のように「copy run tftp」みたいな感じではうまくいきません。

ファイルは複数に分かれているので結構バックアップは大変です。
そのため、「ucs」というファイルにまとめちゃうようにします。

とりあえず、まずはBIG−IPへアクセスします。
そして以下、のディレクトリへ移動します。

[Active:In Sync] ~ # cd /var/local/ucs/
[Active:In Sync] ucs #

ここにucsファイルが保存されます。

それではucsファイルを作っちゃいます。
「tmsh」コマンドを使って『tmos』モードになり、ucsファイルを作成します。

[Active:In Sync] ucs #tmsh
(cfg-sync In Sync)(Active)(/Common)(tmos)# save sys ucs test-config

同じファイルが存在するとき、上書きでも構わない場合は「y」で上書きしましょう。

/var/local/ucs/test-config.ucs: file exists, overwrite it? (y/n) y
Saving active configuration...
/var/local/ucs/z-oha-lb011-config.ucs is saved.

tmosモードから抜けるときは「quit」コマンドを使用します。

(cfg-sync In Sync)(Active)(/Common)(tmos)# quit
[Active:In Sync] ucs #
スポンサーリンク


TFTPサーバへアップデートしましょ。

ucsファイルが作成できれば次はファイルをtftpサーバへアップデートします。
コマンドは以下のようになります。

[Active:In Sync] ucs # tftp 1.1.1.1
tftp> put
(file) test-config.ucs
tftp> quit
[Active:In Sync] ucs # exit
logout

「put」コマンドを使うだけです。
大したことはないですが、忘れやすいのでメモしときました。


>>>>>> 今、IT業界でLinuxの資格は必須と言っていいほど重要になってきました。
リナックスアカデミーはITエンジニアとしての知識が学べ、卒業後の就職までサポートしてくれます。

将来のエンジニアを目指す方は無料資料があるので参考にしてください。


○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書

⇒サーバーエンジニアへの構築手順書



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中!
自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています!
私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-ネットワーク技術
-,

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.