ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

ネットワーク技術

無線LAN規格についてのまとめ

更新日:

無線LANについて勉強したのでメモを取っておきます。
無線LANは無線通信を利用してデータを送受信するLANシステムのことです。
要は、ケーブルを引かなくても電波で受信するってシステムです。

また、無線LANはワイヤレスLAN、もしくはWLANとも呼ばれます。


>>>>>>エンジニアおすすめサイト
⇒IT、WEB、プログラミングのキャリアアップを目指す方はオンラインで学べる
コードキャンプがおすすめです。

無料体験レッスンも受けることができますし、専門の講師がしっかりサポートもしてくれるので安心です。
しかも、初心者からこれからキャリアアップして転職を考えている方もしっかりとサポートしてくれます。
年収もアップするために次のステップに進みましょう!

無線LAN規格

無線LANの規格はIEEE 802.11(アイトリプルイー 802.11)により策定された規格です。
そして、以下にて新しい規格が次々と世に出ており、最新の規格では「Gbps」までいくほど高速になっています。

  • IEEE802.11a(11a)
    通信速度:54Mbps
    周波数:5GHz
    特徴:家電製品との電波干渉を最も受けにくいが、壁などの障害物に弱い。また、11b、11gとの互換性はない
  • IEEE802.11b(11b)
    通信速度:11Mbps
    周波数:2.4GHz
    特徴:もっとも普及している規格。伝送距離が長いため、壁などの障害物や
    フロアをまたぐ場合や屋外にも強い
  • IEEE802.11g(11g)
    通信速度:54Mbps
    周波数:2.4GHz
    特徴:11bと互換性があり、11bより通信速度が速い
  • IEEE802.11n(11n)
    通信速度:600Mbps
    周波数:2.4GHz、または5GHz
    特徴:複数のアンテナを組み合わせる「MIMO」という技術を使うことで、高速な通信が可能
  • IEEE802.11ac(11ac)
    通信速度:6.93Gbps(6,900Mbps)
    周波数:5GHz
    特徴:次世代無線LAN規格。帯域幅拡大、偏重信号の多値化、MIMO方式の拡張により、従来規格の11nと比べ約11.5倍(規格最大値)の高速化を実現
スポンサーリンク


MIMO方式

MIMO(マイモ)と呼び、Multi-Input Multi-Outputの頭文字をとったもので、「複数入力・複数出力」という意味です。

MIMO方式は複数のアンテナを使い、それぞれのアンテナから異なるデータを送信し、それぞれのアンテナで同時にデータを受信することで通信を高速化する技術です。

例えば、1つのアンテナよりも2つのアンテナを使用し、それぞれ異なる信号を送った場合、2倍の速度が実現できます。

パフォーマンスもアンテナの数が増えることにより向上し、2本、3本とアンテナが増えれ鵜ことにより、ストリームを送受信できます。
※802.11nでは最大4本と規定されています。

以上、無線LAN規格のまとめでした。


>>>>>> 今、IT業界でLinuxの資格は必須と言っていいほど重要になってきました。
リナックスアカデミーはITエンジニアとしての知識が学べ、卒業後の就職までサポートしてくれます。

将来のエンジニアを目指す方は無料資料があるので参考にしてください。


○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書

⇒サーバーエンジニアへの構築手順書



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中!
自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています!
私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-ネットワーク技術
-

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.