【Cisco】VLAN設定とSVIでIPアドレス設定・疎通確認まで


CiscoでインターフェースVLANを設定・通信確認までの設定をまとめました。
CiscoはOSによっては微妙にコマンドや設定が異なったりします。

今回は以下の型番で設定を実施しました。

「CISCO892-K9」VLAN設定とSVI(Switch Virtual Interface)設定と疎通確認

今回のSVIの設定もできる統合型ルータ「Cisco892」で設定を実施します。
通常のL2スイッチとは若干設定などが異なるので注意しておきましょう。

「ip routing」有効化

SVIを設定するにあたり、以下のコマンドで「ip routing」を有効化する必要があります。

RT#configure terminal
RT(config)#ip routing


VLANデータベース作成

次に使用するVLANを作成します。
まずはVLANデータベースを以下のコマンドで作成しますが、注意書きのとおり、Cisco892では以下のコマンドは非推奨となっています。

RT#vlan database
% Warning: It is recommended to configure VLAN from config mode,
  as VLAN database mode is being deprecated. Please consult user
  documentation for configuring VTP/VLAN in config mode.

設定はコンフィグレーションモードから実施します。
以下ではVLAN10を設定した例となります。

RT(config)#vlan 10
RT(config-vlan)#exit

SVI(Switch Virtual Interface)設定

次にSVIを設定します。
上記で作成したVLANに対し、IPアドレスを付与します。

RT(config)#interface vlan 10
RT(config-if)#ip address 10.0.0.2 255.255.255.0
RT(config-if)#no shutdown

対象インターフェースへVLANを付与(アクセスモード)

上記で設定したVLANを物理インターフェースへ付与します。
以下ではインターフェース「Fa0」へアクセスモードでVLAN10を設定した例となります。

ちなみにアクセスモードは1つのVLANを設定するモードとなります。
このアクセスモードでタグ無し(untag)でフレームを送受信します。

RT(config)#interface fastEthernet 0
RT(config-if)#switchport mode access
RT(config-if)#switchport access vlan 10
RT(config-if)#end

SVIインターフェース確認

対象の物理インターフェースのLinkがアップしている場合、SVIも以下のようにリンクアップします。

RT_B#show interfaces vlan 10
Vlan10 is up, line protocol is up
  Hardware is EtherSVI, address is 6c41.6aea.ef15 (bia 6c41.6aea.ef15)
  Internet address is 10.0.0.2/24
  MTU 1500 bytes, BW 100000 Kbit/sec, DLY 100 usec,
     reliability 255/255, txload 1/255, rxload 1/255
  Encapsulation ARPA, loopback not set
  Keepalive not supported
  ARP type: ARPA, ARP Timeout 04:00:00
  Last input 00:12:03, output never, output hang never
  Last clearing of "show interface" counters never
  Input queue: 0/75/0/0 (size/max/drops/flushes); Total output drops: 0
  Queueing strategy: fifo
  Output queue: 0/40 (size/max)
  5 minute input rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
  5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
     10 packets input, 1086 bytes, 0 no buffer
     Received 0 broadcasts (0 IP multicasts)
     0 runts, 0 giants, 0 throttles
     0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored
     11 packets output, 1146 bytes, 0 underruns
     0 output errors, 1 interface resets
     0 unknown protocol drops
     0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out

Ping疎通確認

上記でリンクアップ確認後、以下のようにPingを実施します。
今回対象のルータに設定したIPは以下となります。

  • ルータに設定したIP:10.0.0.2
  • 対向先ルータのIP:10.0.0.1

ルータ自身へPing実施(成功)

RT#ping 10.0.0.2

Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 10.0.0.2, timeout is 2 seconds:
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 1/1/4 ms

対向先ルータへPing実施(成功)

RT#ping 10.0.0.1

Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echos to 10.0.0.1, timeout is 2 seconds:
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 1/1/1 ms

「Cisco892」の「show vlan」

上記で疎通確認ができれば完了ですが、今回設定した「Cisco892」は以下のように「show vlan」ではVLAN情報が表示されません。

RT#show vlans

No Virtual LANs configured.

以下のとおり、「show vlan-switch」コマンドを実行すると以下のようにVLAN情報が表示されます。

RT#show vlan-switch

VLAN Name                             Status    Ports
---- -------------------------------- --------- -------------------------------
1    default                          active    Fa1, Fa2, Fa3, Fa4, Fa5, Fa6
                                                Fa7
10   VLAN0010                         active    Fa0
30   VLAN0030                         active
40   VLAN0040                         active
1002 fddi-default                     act/unsup
1003 token-ring-default               act/unsup
1004 fddinet-default                  act/unsup
1005 trnet-default                    act/unsup

VLAN Type  SAID       MTU   Parent RingNo BridgeNo Stp  BrdgMode Trans1 Trans2
---- ----- ---------- ----- ------ ------ -------- ---- -------- ------ ------
1    enet  100001     1500  -      -      -        -    -        1002   1003
10   enet  100010     1500  -      -      -        -    -        0      0
30   enet  100030     1500  -      -      -        -    -        0      0
40   enet  100040     1500  -      -      -        -    -        0      0
1002 fddi  101002     1500  -      -      -        -    -        1      1003
1003 tr    101003     1500  1005   0      -        -    srb      1      1002
1004 fdnet 101004     1500  -      -      1        ibm  -        0      0
1005 trnet 101005     1500  -      -      1        ibm  -        0      0

Cisco892のVLAN設定とSVIでIPアドレス設定・疎通確認までは以上となります。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!