CiscoSSH対応OSの見分け方〜SSHの落とし穴〜


最近セキュリティの重要性が騒がれている中、NW機器でもSSH接続が(主流!?)になってくるのでは無いでしょうか。

SSHは暗号化されるため、インターネットを経由する際、盗撮などを防ぎ安全なアクセスを可能にします。
そんなCiscoにおいてのSSHの設定ですが、sshコマンドをたたいても、コマンドが見当たらないことは無かったですか?

じつは、CiscoのOSでサービスによってOSが対応、未対応があるので気をつけてください。


SSH対応OSはしっかり確認すること!

SSHもほかのサービスと同じように、対応OS、未対応OSがあります。
例えばBGPやOSPFなども、OSによっては対応か未対応かは異なります。

以下はc3750、c3550でSSHが使用可能なOSの差分を表示しています。

c3750-ipservices-mz.122-50.SE3.bin  #SSH未対応
c3750-ipservices-mzk9.122-50.SE3.bin #SSH対応

c3550-ipservices-mz.122-44.SE6.bin  #SSH未対応
c3550-ipservicesk9-mz.122-44.SE6.bin #SSH対応

各OSにおいてSSH対応可の時は「k9」という文字列がついてればOKのようです。
しかし、どのOSにおいてもSSHはデフォルト対応可能にしてほしいものですね。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!