【BIG-IP】評価ライセンス再取得手順(レジストレーションキー再発行)


F5社製「BIG-IP」の評価ライセンスの再取得方法をメモしたのでまとめます。

BIG-IPの評価ライセンスは30日間有効となります。

この評価ライセンスを取得するための「レジストレーションキー(registration key)」は年4回までの発行となっているので注意しましょう。

「BIG-IP」評価ライセンス再発行手順

評価ライセンスを再発行したい場合、F5社公式ページにて「レジストレーションキー」を再発行しないといけません。

再発行するURLは以下のページとなります。

レジストレーションキー再発行
https://downloads.f5.com/trial/

ちなみに、BIG-IPを仮想環境で動かしたい方はVE版をインストールすることをお勧めします。

評価ライセンスは、VEで実施し、検証にも使うと便利です。
https://www.f5.com/trials/big-ip-virtual-edition

再発行したレジストレーションキーを使用して、評価ライセンスを適用

上記でレジストレーションキーを取得後、BIG-IPへアクセスします。

アクセス後、以下の通りLicensingページで「Activate」をクリックします。

以下のページで、「Base Registration Key」に取得したレジストレーションキーのコードを貼り付けます。
「Activation Method」で「Manual」に変更し、「Next」をクリックします。

次のページでレジストレーションキーから「Step1」の文字列コードが発行されるので、コピーをします。
コピー後に、「Step2」の「Click here to access F5 Licensing Server」をクリックします。

クリック後にF5の外部ページへアクセスします。※インターネット環境必須
ライセンスURL
https://activate.f5.com/license/dossier.jsp

上記でコピーした文字列を貼り付け、「Next」をクリックすると「License.txt」が発行されるので中身の文字列をすべてコピーします。

「License.txt」からコピーした内容を、「Step3」に貼り付け、「Next」をクリックします。

これで、評価ライセンスの更新が完了します。

本番用ライセンスも同じ流れで適用できるので参考にしてください。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!