【Mac】ターミナルのvi編集で「E45: ‘readonly’ option is set (add ! to override)」エラー解消方法


Macでターミナルを起動しファイルを編集(viコマンド)しているさい保存する際に以下のエラーが発生し正常に保存ができません。

E45: 'readonly' option is set (add ! to override)

このエラーについての解消方法をメモしておきます。

Mac「ターミナル」のファイル編集時(vi、vim)で「E45: ‘readonly’ option is set (add ! to override)」の対応方法

Macターミナルを使用しファイルの編集(vi)を実施し、保存(wq)を実行した際に「E45: ‘readonly’ option is set (add ! to override)」エラーが発生する場合は以下のコマンドを実行します。

:w !sudo tee %

上記コマンド実行後、以下コマンドを実行

:q!

「:w !sudo tee %」を実行したさいの例が以下となります。

上記エラーから、「esc」キーで抜け、「:w !sudo tee %」を実行します。

:w !sudo tee %

------ 中略 ーーーーーー

W12: Warning: File "/private/etc/bashrc" has changed and the buffer was changed in Vim as well
See ":help W12" for more info.
[O]K, (L)oad File: 

:q!

これで、編集は保存されます。

このエラーはCentOSでも出るのでこちらの記事も参考にしてください。

【CentOS8】vim編集保存時の「E45: ‘readonly’ option is set (add ! to override)」エラー解消方法

2020年5月21日

Macターミナルにおける「E45: ‘readonly’ option is set (add ! to override)」エラーの対処方法は以上となります。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!