WindowsOSでTelnetクライアントのインストール


Windowsサーバー2012でtelnetクライアントのインストール手順をメモしておきます。
前回はTelnetサーバーのインストールでしたが、今回はクライアント側になってアクセスができるようにクライアントのインストール手順をメモしておきます。

Windowsサーバー2012のtelnetサーバーのインストール

2016年1月25日

Telnetクライアントっていうのは要は「telnet」コマンドが使えるようになるってだけの話です。

ちなみに、teratermから、Windowsサーバーへのtelnetアクセスはコマンド出力結果が文字化けするため
設定⇒端末にて以下設定をし「OK」ボタンを押します。

  • 漢字-受信(K)→「SJIS」
  • 漢字-送信(K)→「SJIS」

WindowsでTelnetコマンドが使えるようにする

Windowsでは、コマンドプロンプトからtelnetクライアントをインストールし、アクセスすることができます。
デフォルトは「telnet」コマンドを使うことができないんです。

なので、TelnetアクセスができるようにするにはTelnetクライアントのインストールが必要になります。

Windowsにてtelnetクライアントをインストール

コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行します。

>pkgmgr /iu:"TelnetClient"


スタートメニューからTelnetクライアントを有効化

  1. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  2. [コントロール パネル ホーム] ページで、[プログラム] をクリックします。
  3. [プログラムと機能] セクションの [Windows の機能の有効化または無効化] をクリックします。
  4. [ユーザー アカウント制御] ダイアログ ボックスが表示された場合、このボックスに希望する動作が表示されていることを確認し、[継続] をクリックします。
  5. [Windows の機能] ダイアログ ボックスで、[Telnet クライアント] をクリックして [OK] をクリックします。

Telnetコマンドを使ってみる

  1. コマンドプロンプトから以下のコマンドを実行します。
    telnet x.x.x.x  ←接続先のアドレス
    

    を実施します。
    Windowsサーバーに接続が成功すると以下のように表示されます。
    送信しますか?と聞かれるので「Y」を入力しエンターキーを押します。

    --------
     Microsoft Telnet クライアントへようこそ
    
    エスケープ文字は 'CTRL+]' です
    
    
    パスワード情報を インターネット ゾーンのリモート コンピューターに送信しよ
    ていますが、この操作は安全でない可能性があります。送信しますか? (Y/N):Y
    --------
    
  2. ログイン、パスワードを入力します。
    login:
    password:
    
  3. ログインパスワードが成功すると以下の画面が表示されます。
    *===============================================================
    Microsoft Telnet Server.
    *===============================================================
    C:UsersAdministrator.WIN-XXXXXXX>
    

シャットダウン、再起動コマンド

ついでですが、リモート先のサーバーのシャットダウン、再起動は以下のコマンドで実行できます。

Windowsシャットダウン

>shutdown /s

Windows再起動

>shutdown /r 

知ってて損はないので、覚えておきましょう。

それでは!


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!