Windows InternetExplorer11→9へバージョンダウンする方法


WdindowsIEのバージョンが「InternetExplorer 11」となっている方がほとんどかと思いますが、SEをやられている方でIEのバージョンが最新状態になっていると困ることって多いです。
もちろん、企業で働いている方でも同じ、その会社で推奨のIEのバージョンを使っていないと社内システムが使えないなどIEのバージョンが異なることで仕事ができなくなることもあるんですよね。

ちなみに私は先日、IEのバージョンがいつの間にか???バージョン11になっていたことで、EMC社の危機にWebアクセスできなかったんです。。。
メーカーのサイトを確認すると、推奨バージョンは9となっており、11は使えないようです。

IEのバージョンが変わるだけで仕事は全く進まないし、困ることが多い!
※Windowsアップデートをしないことが一番いいと思いますが、そのツール専用のPCなんて確保するのって面倒ですよね。

今回はIEのバージョンが上がって困っている方のために、IEのバージョンダウンをする手順を紹介します。


WindowsIE(InternetExplorer)のバージョンを落とす方法

WindowsIEのバージョンを落とす方法ですが、そこまで難しくないので手順だけしっかりしていれば大丈夫です。
しかし、IEのバージョンをダウンロードするときは、怪しいサイトから落とすのはやめておきましょうね。下手なことをするとウィルスに感染する可能性もありますよ!

それでは以下を参考にしてください。

  1. 事前に「InternetExplorer 9」をダウンロードしておきます。
    WindowsIE_9_ダウンロードページ
  2. コントロールパネル>「プログラムと機能」をクリックし、左メニューの「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。
  3. 「InternetExplorer 11」のチェックを外し、OKをクリックします。ポップアップが表示されるので「後で再起動する」を選択します。
  4. 「プログラムと機能」の左メニューにある「インストールされた更新プログラム」をクリックし、更新プログラムから「Internet Explorer 11 ja-JP 言語パック」を「アンインストール」します。
    ※ほかに言語パックがある場合はすべて削除

  5. すべての言語パックをアンインストール後、「Internet Explorer 11」をアンインストールします。


  6. PCを再起動します。
  7. 再起動後、事前にダウンロードした「InternetExplorer 9」をクリックし、インストールします。
    ※再起動後、「InternetExplorer」のバージョンが9になっていることを確認します。
     ブラウザ右の歯車マークをクリック>「バージョン情報」をクリック

IEのバージョンを上げたくない人はWindows自動アップデートは止めておきましょう

上記のような手順でIEのバージョンダウンは可能ですが、今後もIEのバージョンアップを避けたい場合はWindowsUpdateの自動更新を止めておきましょう。
Windows Update の自動更新設定

毎回、IEのバージョンが上がるたびに、バージョンを落とすのはめんどくさいですもんね。

それでは!


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!