ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

C言語

C言語while文で繰り返し処理

更新日:

while文もよく使う構文です。
こんな自分でも、サーバを触っているとちょいちょい見るやつです。

while文は以下のような処理になります。

◯◯が終わるまで□□を繰り返す

このような動きをさせたい場合「while文」は使いやすいです。

while文の構文作成例

このwhile文はサーバエンジニアをされている方は、CentOSなどでは結構使われているのではないでしょうか。

例えば、何度も実行結果を繰り返し確認したい時。
かなり役に立ちますよね。

以下はカウントの値が5より大きな値になるまでの間、毎カウントごとに値を出力する構文です。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
    int count = 0; /* while文の繰り返しに使うカウント数 */
    while (count <= 5){
        
        /* カウントの値を表示する */
        printf("%d\n",count);
        count = count + 1;
    }
    return 0;
}

実行結果

0
1
2
3
4
5

このように5までをカウントし、それを超えた時点(カウントが6)でプログラムを終了します。


TVでも話題になった自宅で無料でオンラインブートキャンプが体験できるようになりました!
※資料ダウンロード(無料)はこちらから!
【CodeCamp(コードキャンプ)】公式案内



do-while文

上記のwhile文と同様に、do-while文というのがあります。

do-while文は、まず処理を実行し、その後繰り返し条件を定義します。

#include <stdio.h>

int main(void)
{
    int count = 0;
    do {
        printf("%d\n",count);
        count = count +1;
    }while (count <= 5);      /* ここでwhile文を実施 */
    return 0;
}

こちらもwhile文と同じ処理結果が出ます。

0
1
2
3
4
5

こんな感じでwhile文は結構役にたつ構文なので頭に入れておきましょう。

○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書
⇒サーバーエンジニアへの構築手順書

ITエンジニアで就職するならこちらのサイトがおすすめです!
【レバテックキャリア】



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中! 自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています! 私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-C言語
-,

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.