ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

C言語

【C言語】関数の動きをまとめる

更新日:

関数って、最初は何のことかさっぱりわかりません。
しかし、やっていくうちになんとかなるもんです。

簡単に言えば「処理のまとまり」ってことみたいです。
これだけ言ってもあまりわからないと思いますが、例えば。

「会社へ行く」というプログラムと、「公園へ出かける」という2つのプログラムを作成しようとしています。
すると、この2つのプログラムは以下の流れは一緒とします。

  1. ベッドから起きる。
  2. 歯磨きをする。
  3. 顔を洗う。
  4. 服を着替える。

どちらのプログラムにも共通しているので、「朝の準備」の処理をまとめるとすごく楽になります。


>>>>>>エンジニアおすすめサイト
⇒IT、WEB、プログラミングのキャリアアップを目指す方はオンラインで学べる
コードキャンプがおすすめです。

無料体験レッスンも受けることができますし、専門の講師がしっかりサポートもしてくれるので安心です。
しかも、初心者からこれからキャリアアップして転職を考えている方もしっかりとサポートしてくれます。
年収もアップするために次のステップに進みましょう!

関数を使うことのメリット

関数を使うことにより、いろいろなメリットがあります。

  • 処理を分担することが可能
  • 関数を簡単に使い回しが出来る
  • プログラムが見やすくなる
  • 機能に変更や修正が加わっても、関数を修正することにより、メインのプログラムを修正しなくても済む

こんな感じで、関数を使うことにより、プログラム全体が見やすくなり、設定もしやすくなるので、習得すればかなり便利な機能ですね。

スポンサーリンク


基本的な関数の作成

関数は以下の様な流れで、作成していきます。

  1. プロトタイプ宣言で関数の名前を設定する
  2. 関数の呼び出しをする
  3. 関数の本体の処理を記述する

こんな感じで設定した例が以下となります。

#include <stdio.h>

void line(void);  /* プロトタイプ宣言 */

int main(void)
{
    line();    /* 関数の呼び出し */
    return 0;
}

/* 呼び出された関数の処理を実施 */
void line(void)
{
    printf("関数を用いた出力結果\n");
}
関数を用いた出力結果

上記のようか形で関数の処理を実施します。

戻り値のある関数の設定例

関数の戻り値とは、関数で処理をし、呼び出し元に戻った際に関数で処理した値を渡すことができます。
これを戻り値と言います。

例えば以下のように、関数を呼び出し、戻り値に「1」という値をつけて処理に戻る設定例です。

#include <stdio.h>

int line(void);

int main(void)  /* 関数の呼び出し */
{
    int num = 0;
    printf("呼び出しだし前のnum:%d\n",num);
    num = line();
    printf("呼び出しだし後のnum:%d\n",num);
    return 0;
}

/* 呼び出された関数の処理を実施 */
int line(void)
{
    return 1;
}
呼び出しだし前のnum:0
呼び出しだし後のnum:1

これが関数の基本的な動きとなります。


>>>>>> 今、IT業界でLinuxの資格は必須と言っていいほど重要になってきました。
リナックスアカデミーはITエンジニアとしての知識が学べ、卒業後の就職までサポートしてくれます。

将来のエンジニアを目指す方は無料資料があるので参考にしてください。


○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書

⇒サーバーエンジニアへの構築手順書



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中!
自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています!
私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-C言語
-,

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.