【Python】日時を扱う「datetime」モジュールの機能


Pythonの標準ライブラリの「datetime」モジュールでは、日付を扱うプログラムを作成できます。
このモジュールを使用することにより、日付や時刻などのデータ型を利用することができ、現在の日時の取得や日付の計算が行えるようになります。


「datetime」モジュールの使い方

datetimeモジュールは日付や時刻を扱うモジュールとなります。
このdatetimeモジュールでは、今日の日付を取得するために、today()メソッドを使用します。

以下では、モジュールの代表的なデータ型を表にまとめています。

【Python】datetimeモジュールの代表的なデータ型
名前 内容
date 日付を扱う
time 時刻を扱う
datetime 日付と時刻を扱う

それぞれのdatetimeモジュールの使い方を紹介します。

時刻を取得する

現在時刻を表す「time」では、日付および時刻を表す文字列を返します。

※ datetime_test.py

import time

time = time.ctime()
print(time)

※ 実行結果

$ python3 datetime_test.py 
Sat Jan  4 19:14:47 2020


日付を取得する

日付を取得する方法は、datetimeモジュールの「date」をimportします。
「.today()メソッド」で今日の日付を取得することにより、以下のプログラムで日付の出力結果を表示することができます。

※ datetime_test.py

from datetime import date

today = date.today()
print(today)

※ 実行結果

$ python3 datetime_test.py 
2020-01-04

日時を取得する

現在日時を取得するには、datetime.datetimeの「now()メソッド」を使用します。
today()メソッドでは年月日だけでしたが、追加で、時間、分、秒とマイクロ秒まで取得することができます。

※ datetime_test.py

from datetime import datetime

now = datetime.now()
print(now)

※ 実行結果

$ python3 datetime_test.py 
2020-01-04 23:25:42.587356

曜日を取得する

weekday()メソッドを実行すると曜日の値が取得できます。
曜日は以下のように数値で表されます。

  • 月:0
  • 火:1
  • 水:2
  • 木:3
  • 金:4
  • 土:5
  • 日:6

※ datetime_test.py

from datetime import date

day = date(2020, 1, 1)
print(day.weekday())
week = '月火水木金土日'
print(week[day.weekday()])
  • 3行目で2020年1月1日の日付を作成します。
  • 4行目で2(水曜日)の数値が返されます。
  • 5行目で曜日の文字列を定義します。
  • 6行目で「水」が表示されます。

※ 実行結果

$ python3 datetime_test.py 
2
水

datetimeモジュールはファイルへの出力の際などに日付のログとしても利用されることがあるため、覚えておくと便利な機能です。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!