【Python】openpyxlの「offset」でエクセルのセルの周辺データを取得するプログラム


Pythonでエクセルの特定の文字列のセルの周辺データを取得するためのプログラムを作成しました。

例えば、以下のように、「東京」というセルデータの右側のセルのデータを一括で取得したいときなどに便利です。

  • [東京都] [品川区]
  • [東京都] [墨田区]
  • [東京都] [新宿区]

今回は「openpyxl」ライブラリで「offset」を利用し、対象文字列周辺のセルデータ取得プログラムを書きました。
エクセルデータの取得で参考にしてください。


「openpyxl」の「offset」を利用した指定文字列周辺データを取得するプログラム

今回は以下のエクセルのセルデータの文字列で「tmpfs」に該当する右隣のセルのデータを取得します。

※ excel-data.xlsx

「offset」コマンドを使用したセルの周辺データ取得プログラム

以下のプログラムは特定のセルデータの中から、「tmpfs」という文字列を検索し、その隣のセルデータを取得します。

※ offset-test01.py

import openpyxl as px

wb = px.load_workbook('excel-data.xlsx')

ws = wb["Sheet1"] 

B2_COL = 2
B8_ROW = 2

E2_COL = 6
E6_ROW = 6

# 範囲データを順次処理
for row in ws.iter_rows(min_col=B2_COL, min_row=B8_ROW, max_col=E2_COL, max_row=E6_ROW ):
    for cell in row:
        # 該当セルの値取得
        cell_value = cell.value
        o = cell.offset(0,1)
        offset = o.value
        # セル範囲内に該当の文字列が存在する場合表示
        if 'tmpfs' in cell_value:
            print(cell.coordinate, cell_value, offset)

# ロードしたExcelファイルを閉じる
wb.close()
  • 1行目:「openpyxl」をインポート
  • 3行目:対象のエクセルファイルを読み込み
  • 5行目:読み取ったエクセルから対象のシートをアクティブ
  • 7−11行目:データを取得する範囲のセルの情報を取得
  • 14行目:ws.iter_rowsで対象シートのセルの範囲を指定
  • 17行目:セルのデータを取得
  • 18−19行目:対象の文字列の右隣のデータを取得
  • 21−22行目:対象の文字列があった場合、右隣のデータを表示する


実行結果

以下でプログラムを実行することにより、対象の文字列とその右隣のセルのデータが出力されます。

offset-test $ python3 offset-test01.py 
B2 devtmpfs 908M
B3 tmpfs 920M
B4 tmpfs 920M
B5 tmpfs 920M

「offset」で周辺データは自由に取得可能

上記プログラムで、offsetの数値を変更することで自由にセルの周辺データを取得できます。

対象のセルの右隣のデータを取得

o = cell.offset(0,1)

対象セルの左隣のデータを取得

o = cell.offset(0,-1)

対象セルの一つ下のデータを取得

o = cell.offset(1,0)

対象セルの一つ上のデータを取得

o = cell.offset(-1,0)

openpyxlの「offset」を利用したプログラムは以上となります。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!