【Python】インストールと起動(Linux系)


Linux系のOSにPythonをインストールする手順となります。
今回は「CentOS7」を使用してPythonのインストールを実施します。


【Python】CentOS7(Linux系)でのインストール手順

本インストールでは、Linux系のPythonインストールですが、「CentOS 7」で実施します。
CentOS7はもともと初期状態で「Python 2.7」がインストールされています。

今回は、最も新しいバージョン3のインストールを実施する手順となります。

LinuxではPythonのリポジトリを提供していないので「IUS Community Project」を登録

Pythonバージョン3はCentOS7では標準yumリポジトリでは提供されていません。
Pythonバージョン3をインストールするためには「IUS Community Project 」の yum リポジトリをインストールする必要があります。

「IUS Community Project」はRedHatやCentOSなどのLinux系OS向けに、最新のソフトウェアを提供することを目的としたプロジェクトとなります。
主にプログラミング系やサーバー関連のソフトウェアを提供しています。

  • Python
  • PHP
  • MySQL
  • Apache
  • openssl…etc

この「IUS Community Project」のリポジトリをCentOS7にインストールすることにより、Pythonをyumでインストールすることが可能となります。

「IUS Community Project」インストール

以下の1行目のコマンドを実行し、「IUS Community Project」をインストールします。
正常にインストールが実行されると以下のようになります。

$ yum install -y https://centos7.iuscommunity.org/ius-release.rpm

インストール:
  ius-release.noarch 0:2-1.el7.ius                                                                                                                                

依存性関連をインストールしました:
  epel-release.noarch 0:7-11                                                                                                                                      

完了しました!
$

インストール後、以下のコマンドでリポジトリが作成されたことを確認します。

$ ls -l /etc/yum.repos.d
合計 52
-rw-r--r--. 1 root root 1664  9月  5 22:05 CentOS-Base.repo
-rw-r--r--. 1 root root 1309  9月  5 22:05 CentOS-CR.repo
-rw-r--r--. 1 root root  649  9月  5 22:05 CentOS-Debuginfo.repo
-rw-r--r--. 1 root root  630  9月  5 22:05 CentOS-Media.repo
-rw-r--r--. 1 root root 1331  9月  5 22:05 CentOS-Sources.repo
-rw-r--r--. 1 root root 6639  9月  5 22:05 CentOS-Vault.repo
-rw-r--r--. 1 root root  314  9月  5 22:05 CentOS-fasttrack.repo
-rw-r--r--. 1 root root 1050 10月  3  2017 epel-testing.repo
-rw-r--r--. 1 root root  951 10月  3  2017 epel.repo
-rw-r--r--. 1 root root  669  5月  2  2019 ius-archive.repo
-rw-r--r--. 1 root root  669  5月  2  2019 ius-testing.repo
-rw-r--r--. 1 root root  591  5月  2  2019 ius.repo
$

CentOS7で「Python」インストール

まずは、リポジトリからPythonのインストールが可能なバージョンを確認します。
Python3.7、3.8は「一致するものが見つかりません」と警告が表示され確認できません。

結果的に現時点(2020/1/21)でインストールが可能なのはバージョン3.6となっています。

$ yum search python36

次に対象のPythonのバージョン(3.6)を以下のコマンドでyumインストールします。

$ yum install -y python36u python36u-libs python36u-devel python36u-pip

正常にインストールされたら以下のコマンドでバージョンを確認します。
Pythonバージョン3は「python3」コマンドを実行します。

$ python3 -V
Python 3.6.8

また、「pip」もライブラリをインストールする際に必要となるので、事前にアップグレードしておきます。

$ python3 -m pip install --upgrade pip

バージョン確認は以下のコマンドを実行します。

$ python3 -m pip -V
pip 19.3.1 from /usr/local/lib/python3.6/site-packages/pip (python 3.6)

CentOS7でPythonバージョン3の実行

まずは、手動でPythonが動作するか確認します。
今回バージョン3をインストールしたので、「python3」コマンドを実行します。

5行目でprint()関数を実行し、正常に文字列が出力できることを確認します。

8行目で、quit()コマンドでプログラムから抜けます。
このほかにも、「exit()」、「Ctrl+Z」で抜けることも可能です。

$ python3
Python 3.6.8 (default, Aug  7 2019, 17:28:10) 
[GCC 4.8.5 20150623 (Red Hat 4.8.5-39)] on linux
Type "help", "copyright", "credits" or "license" for more information.
>>> print('hello_python')
hello_python
>>> 
>>> quit()
$

Pythonでファイルのプログラムを呼び出し実行

次に、CentOS7上でpythonプログラムのファイルを作成し、ファイルを呼び出し実行します。

まずはファイルを作成し、vi(vim)コマンドでファイルを編集します。
お勧めはvimなので、事前にvimコマンドはyumインストールしておきます。

$ yum -y install vim

「test.py」を作成

$ touch test.py

以下のコマンドで「test.py」を編集

$ vim test.py

編集では1行目のプログラムを作成します。
キーボードの「i」を押し、編集を実行し、書き込みをします。書き込みが完了したら「Esc」ボタンを押し終了します。

最後に、「:wq」で編集を終了します。

print('hello_python')

#エスケープ(Esc)で編集モードを終了し、以下コマンドで書き込みと編集を終了
:wq

Pythonのプログラムファイルを作成したら以下で実際にプログラムを実行します。

$ python3 test.py 
hello_python

うまく出力結果が出れば成功です。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!