CentOS8で日本語化する際にエラー(Failed to set locale, defaulting to C.UTF-8)が発生した際の対応方法


CentOS8で日本語化にする際、yumコマンドやdnfコマンドにおいて以下のようなエラーが発生する場合があります。

$ yum update
Failed to set locale, defaulting to C.UTF-8

今回はこの「Failed to set locale, defaulting to C.UTF-8」のエラーを発生させない方法をまとめます。

「CentOS8」(Failed to set locale, defaulting to C.UTF-8)エラーの対応方法

「Failed to set locale, defaulting to C.UTF-8」エラーの対応方法ですが、私が対応した方法として2パターンあります。

以下ではそれぞれの対応方法をまとめていますので参考にしてください。

日本語パックをインストール

一つはCentOS8で日本語パックをインストールすることです。

今回のエラーが発生した原因は、デフォルトでは日本語パックはないため、以下のようなコマンドで日本語化をするとエラーが発生するようです。

$ localectl set-locale LANG=ja_JP.UTF-8

なので、以下のコマンドで日本語パックをインストールします。

$ dnf -y install langpacks-ja
Failed to set locale, defaulting to C.UTF-8
CentOS-8 - AppStream                                                                    6.2 kB/s | 4.3 kB     00:00    
CentOS-8 - Base                                                                          16 kB/s | 3.9 kB     00:00    

------中略------
$ 

日本語を有効化します。

$ source /etc/locale.conf
$ echo $LANG
ja_JP.UTF-8

上記でも日本語化できていない場合はいったんシステムの再起動をすると反映されます。

再起動無しだと反映まで少し時間がかかるようです。


一時的な対策

上記の方法でうまくいきましたが、いろいろと試行錯誤していると、一時的ですが以下のような一時的な対策もできます。

$ export LC_ALL=C

上記コマンド実行後、エラーがなくなったエラーが発生しなくなったことを確認できます。

$ yum update
CentOS-8 - AppStream                                                                    9.7 kB/s | 4.3 kB     00:00    
CentOS-8 - Base                                                                         9.7 kB/s | 3.9 kB     00:00  

ただし、こちらは一時的な対策となるため、前者の日本語パックをインストールして日本語化することをお勧めします。

【CentOS8】システムの文字コードを日本語に設定する方法

2020年8月8日

以上が「Failed to set locale, defaulting to C.UTF-8」の対応方法となります。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!