【CentOS6】Linux系で2TB以上のハードディスクを認識とパーティション追加する方法


Linux(CentOS6)系のファイルシステムでは、2TB以上のディスクを認識しません。
fdiskを実施してもエラーが発生します。

そのために2TB以上のハードディスクを使用できるようにするには「GPT(GUID Partition Table)」を使用することで認識をするようになります。

今回、CentOS6上で2TB以上のハードディスクを利用するために「parted」を利用してマウントまでの手順をまとめました。


Linux(CentOS6)系で2TB以上のハードディスクを認識・マウントする方法

上記でも説明したようにLinux系では2TB以上のハードディスクを追加する際は「parted」が必要となります。
minimalインストールをした「CentOS6」ではデフォルトで「parted」がインストールされていません。

事前に「parted」をインストールしておきましょう。

yum -y install parted

次に、接続したハードディスクが見えていることを以下コマンドで確認します。
今回の新規ハードディスクは「/dev/sdb」となります。

$ fdisk -l
ディスク /dev/sdb: 3298.5 GB, 3298534883328 バイト
ヘッド 255, セクタ 63, シリンダ 401024
Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 バイト
セクタサイズ (論理 / 物理): 512 バイト / 512 バイト
I/O size (minimum/optimal): 512 bytes / 512 bytes
ディスク識別子: 0x00000000

また、partedコマンドで追加のハードディスクを以下コマンドで確認します。
partedコマンドではディスクが認識されません。

$ parted -l

エラー: /dev/sdb: ディスクラベルが認識できません。

CentOSに2TB以上のディスクを認識させる

以下コマンドを実施し対象のディクスで「parted」のモードに移ります。

$ parted /dev/sdb

次にpartedでディスクラベルを認識させるために「gpt」コマンドを実行します。

(parted) mklabel gpt

上記、コマンド実行後、「p」コマンドで2TB以上のディスクが認識されたことを確認します。

(parted) p
モデル: VMware Virtual disk (scsi)
ディスク /dev/sdb: 3299GB
セクタサイズ (論理/物理): 512B/512B
パーティションテーブル: gpt

番号  開始  終了  サイズ  ファイルシステム  名前  フラグ

(parted)

上記確認後は、「quit」コマンドでモードから抜けます。


パーティションの作成後に「ext4」でフォーマット開始

次に以下のコマンドで対象のディスクに対し「ext4」でフォーマットを開始します。

$ mkfs.ext4 /dev/sdb
mke2fs 1.41.12 (17-May-2010)
/dev/sdb is entire device, not just one partition!
Proceed anyway? (y,n) y
Discarding device blocks: failed - 入力/出力エラーです
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=4096 (log=2)
Fragment size=4096 (log=2)
Stride=0 blocks, Stripe width=0 blocks
201326592 inodes, 805306368 blocks
40265318 blocks (5.00%) reserved for the super user
First data block=0
Maximum filesystem blocks=4294967296
24576 block groups
32768 blocks per group, 32768 fragments per group
8192 inodes per group
Superblock backups stored on blocks:
32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208,
4096000, 7962624, 11239424, 20480000, 23887872, 71663616, 78675968,
102400000, 214990848, 512000000, 550731776, 644972544

Writing inode tables: done
Creating journal (32768 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done

This filesystem will be automatically checked every 39 mounts or
180 days, whichever comes first. Use tune2fs -c or -i to override.
$

以下コマンドで、2TB以上のハードディスクが認識されていることを確認します。

$ parted -l

------中略

モデル: VMware Virtual disk (scsi)
ディスク /dev/sdb: 3299GB
セクタサイズ (論理/物理): 512B/512B
パーティションテーブル: loop

番号 開始 終了 サイズ ファイルシステム フラグ
1 0.00B 3299GB 3299GB ext4

マウントポイント作成とTBハードディスクのマウント実施

上記で、認識したTBのハードディスクをマウントするため、以下でマウントポイントを作成します。

$ cd /var/
$ mkdir test

TBハードディスクをマウントポイントにマウントします。

$ mount /dev/sdb /var/test

以下で、TBハードディスクがマウントされていることを確認します。

$ df -h
Filesystem            Size  Used Avail Use% Mounted on
/dev/mapper/vg_centos6-lv_root
                       14G  970M   12G   8% /
tmpfs                 1.9G     0  1.9G   0% /dev/shm
/dev/sda1             477M   53M  400M  12% /boot
/dev/sdb              3.0T   72M  2.9T   1% /var/test
$

再起動後も自動でTBハードディスクをマウントする

上記でマウントをしても、再起動後などはマウントは外れてしまいます。
「fstab」で再起動後も自動でTBハードディスクをマウントするように設定します。

$ vi /etc/fstab
UUID=1e23396e-b0cc-43cf-8183-ddc04d9fc634 /                       ext4    defaults        1 1
/var/spool/swap/swapfile    none    swap    defaults    0 0

#追加
/dev/sdb       /var/test    ext4    defaults        0 2
$

上記で設定後、再起動を実施し、TBハードディスクがマウントされていることを確認できればOKです。

ファイルシステムのマウントに関しては以下の記事も参考にしてください。

【CentOS6】SMB(CIFS)マウント方法!samba-client,cifs-utilsのインストール

2020年1月18日

Linux系の2TB以上のハードディスクのマウントまでは以上となります。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!