WinSCPで秘密鍵(SSHkey)を利用したVPSへのSSHアクセス方法


VPSから取得した秘密鍵(SSHkey)を使用してWinSCPからVPSへのSSHアクセス方法をまとめました。

SSHkeyの拡張子が「pem」の場合に変換をしてSSHアクセスをする方法となるので参考にしてください。

WinSCPは窓の杜からダウンロードできます。
https://forest.watch.impress.co.jp/library/software/winscp/


「WinSCP」VPSで取得した秘密鍵(SSHkey)でSSHアクセスする方法

以下ではWinSCPを起動して、VPSで構築したサーバーへのSSHアクセスまでの手順を紹介します。

WinSCPを起動し、「新しいサイト」をクリックします。

ホスト名(IPアドレスもしくは、ドメイン)、ポート番号、ユーザー名、パスワードを入力し、「設定」をクリックします。

VPSで取得したSSHkeyを使用する手順は以下となります。

SSHkeyの拡張子を変換しSSHアクセスを実施

上記で「設定」をクリックすると、以下のポップアップが表示されます。
「SSH」>「認証」をクリックします。

認証の画面に切り替わり、「秘密鍵」の欄で赤枠をクリックします。

VPSで取得した秘密鍵があるフォルダを指定します。
フォルダを開いても「pem」拡張子のファイルが見つからないので赤枠をクリックします。

「すべてのファイル(*.*)」を選択します。

SSHkeyのpemファイルが表示されるので選択し、「開く」をクリックします。

以下のようにWinSCP用にPuTTY形式に変換をするように聞かれるので「OK」をクリックします。

保存先を指定して(ここでは「.ssh」配下)「保存」します。

以下のように保存されたことを確認し、「OK」をクリックします。

以下のように秘密鍵の欄に変換された「ppk」拡張子のファイルが表示されていることを確認し、「OK」をクリックします。

新規接続のポップアップ画面に戻るので、設定情報を「保存」し、「ログイン」をクリックします。

ログインに成功すると以下のようにアクセスできます。

以上でVPSで取得した秘密鍵を用いたWinSCPのアクセス方法でした。

サーバーエンジニアへの構築手順書

2014年5月17日
イラスト図解式 この一冊で全部わかるサーバーの基本

イラスト図解式 この一冊で全部わかるサーバーの基本

きはし まさひろ
1,663円(07/10 17:51時点)
発売日: 2016/03/28
Amazonの情報を掲載しています


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!