ネットワークエンジニア系ブログ。健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

サーバー技術

VMWare「vSphereClient」の設定でvCenterを英語表記にする方法

投稿日:

vSphere Clientの日本語表記からいつでも英語表記にすることはできます。

この英語表記にすることは結構重要で、例えば英語のサイトをみてどこの箇所の説明をしているのかとかわからなかったり、VMWareに不具合があった際に調べたりするのに結構便利なんですよね。

しかも英語表記の設定をするのは結構簡単なので実践してみてくださいね。
仕事をしている時でも結構利用価値はあると思いますよ。


>>>>>>エンジニアおすすめサイト
⇒IT、WEB、プログラミングのキャリアアップを目指す方はオンラインで学べる
コードキャンプがおすすめです。

無料体験レッスンも受けることができますし、専門の講師がしっかりサポートもしてくれるので安心です。
しかも、初心者からこれからキャリアアップして転職を考えている方もしっかりとサポートしてくれます。
年収もアップするために次のステップに進みましょう!

[vSphere Client] 表示言語の変更

vSphere Clientの日本語表記だとエラーメッセージも日本語表記となります。
なので先ほども言ったようにエラーの情報を調べようと思っても日本語の説明が限られてしまいます。

そういう時にvSphere Clientを英語表記にすることで、エラーの情報を調べる幅が増えていきます。

英語表記にするのは簡単です。
vSphere Clientのアイコンを右クリックしてプロパティを選び、ショートカットタブから「リンク先(T)」のリンクの最後にスペースを空けて

「-locale en_US」

を記入するだけなんです。

スポンサーリンク


vSphere Clientを英語表記にするにはリンク先に「-locale en_US」を記載するだけ!

本とこれだけで大丈夫です。
細かく言えば以下のような感じでしょうか。

最後に「-locale en_US」を入れるだけです。
※スペースは忘れずに

C:\Program Files\VMware\Infrastructure\Virtual Infrastructure Client\Launcher\vpxclient.exe -locale en_US

画面は以下のようになります。

上記の設定はvSphereClientの言語表示のみを英語にするだけなので特にvCenterなどに影響はありません。

en_USで英語になるってことはほかの言語でも行けるかもしれませんね。
興味がある方はやってみるのもいいかもしれないです。

ちなみに日本語に戻すときは「-locale en_US」を削除するだけです。
※間違ってもリンク先すべてを削除しないでくださいね!

それではvCenterの日本語表示を英語にする設定のやり方でした!


>>>>>> 今、IT業界でLinuxの資格は必須と言っていいほど重要になってきました。
リナックスアカデミーはITエンジニアとしての知識が学べ、卒業後の就職までサポートしてくれます。

将来のエンジニアを目指す方は無料資料があるので参考にしてください。


○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書

⇒サーバーエンジニアへの構築手順書



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中!
自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています!
私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-サーバー技術

Copyright© GOISBLOG , 2017 All Rights Reserved.