【CentOS8】タイムゾーンを日本標準時(JST)へ変更する方法


CentOS8でタイムゾーンを日本標準時(JST)に変更する設定をまとめました。
※このコマンドはCentOS7でも可能です。


「CentOS8」タイムゾーンの時刻を日本時間に設定する手順

CentOS8で時刻設定をするにはコマンドで簡単に変更することができます。

事前の確認として「date」コマンドで現在の時刻を確認します。

$ date
2020年 11月 19日 木曜日 04:14:22 EST

時刻が「EST」となっており、時刻が日本時間とあっていません。

以下コマンドでは「Time zone」がアメリカとなっています。

$ timedatectl status
               Local time: 木 2020-11-19 04:14:38 EST
           Universal time: 木 2020-11-19 09:14:38 UTC
                 RTC time: 木 2020-11-19 09:14:38
                Time zone: America/New_York (EST, -0500)
System clock synchronized: yes
              NTP service: active
          RTC in local TZ: no

日本のタイムゾーンを確認するために以下コマンドを実行します。

$ timedatectl list-timezones
Africa/Abidjan
Africa/Accra
Africa/Addis_Ababa
Africa/Algiers
Africa/Asmara
Africa/Bamako
Africa/Bangui
Africa/Banjul
------中略------

長ったらしいので「grep」コマンドで抜粋

$ timedatectl list-timezones | grep Tokyo
Asia/Tokyo

「timedatectl」コマンドでタイムゾーンを変更

CentOSのタイムゾーンを日本時刻に変更するには以下のコマンドを実行します。

$ timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

コマンド実行後「date」コマンドを確認すると日本時刻に変更されていることが確認できます。

$ date
2020年 11月 19日 木曜日 18:17:25 JST
$ timedatectl status
               Local time: 木 2020-11-19 18:17:49 JST
           Universal time: 木 2020-11-19 09:17:49 UTC
                 RTC time: 木 2020-11-19 09:17:50
                Time zone: Asia/Tokyo (JST, +0900)
System clock synchronized: yes
              NTP service: active
          RTC in local TZ: no

タイムゾーン更新後は、ホスト自体の再起動も合わせて実行しておきましょう。

以上がCentOS8のタイムゾーン変更方法となります。


関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!