ITエンジニア系ブログ。格安SIM、健康、エンターテイメント、映画・ドラマ、本、キッズ系、FXまで!お役立ち情報を紹介!

GOISBLOG

サーバー技術

CentOS6.5バージョン確認~ホスト名変更設定

更新日:

CentOS6.5でバージョン、アーキテクチャ、ユーザーの所属グループ確認と、ホスト名の変更設定手順です。

とりあえず、今まででわかったことをメモっときます。


⇒IT、WEB、プログラミングのキャリアアップを目指す方はオンラインで学べる
コードキャンプがおすすめです。 無料体験レッスンも受けることができます!
CentOSなどLinux系OSをインストしてサーバを構築できるさくらのVPS ConoHaお名前.com VPSは月額630円から使えておすすめです!技術力アップにもつながります!







CentOSで基礎的なコマンド一覧

自分にはサーバーにおける基礎知識がない為、とりあえず最低限必要なコマンドを書いときます。

CentOSのバージョンは6.5を使用しているのですが、ほとんどのバージョンで共通のコマンドなはずです。

確認コマンド

バージョンを確認

$ cat /etc/redhat-release
CentOS release 6.5 (Final)

アーキテクチャを確認

$ arch
x86_64
又は
$ uname -a
Linux d-oha-fwd011 2.6.32-431.11.2.el6.x86_64 #1 SMP Tue Mar 25 19:59:55 UTC 2014 x86_64 x86_64 x86_64 GNU/Linux

ユーザーの所属グループを確認

id
uid=9999(qtadmin) gid=9999(qtnet) 所属グループ=9999(qtnet) context=unconfined_u:unconfined_r:unconfined_t:s0-s0:c0.c1023

ホスト名設定&変更

ホスト名変更の際は、以下のファイルで修正して再起動すれば設定が反映されます。

test-022$ vi /etc/sysconfig/network
NETWORKING=yes
HOSTNAME=test-011 #変更箇所
GATEWAY=192.168.1.1

上記ファイルで設定変更をしたら再起動を実施します。

shutdown -r now

再起動後、以下のようにホスト名が変更されたことを確認できます。

test-011$         #ホスト名が変更されたことを確認

まとめ

いままで、ネットワークしかしたことのないじぶんなので、基礎のところはしっかりメモを取っとくのが賢明とのことで、書いちゃいました。

このほかに必要なコマンドはあると思いますがとりあえずはここまで、書いときゃなんとかなるでしょう。


>>>>>> 今、IT業界でLinuxの資格は必須と言っていいほど重要になってきました。
リナックスアカデミーはITエンジニアとしての知識が学べ、卒業後の就職までサポートしてくれます。
LinuxOS系の技術力を高めたい方はさくらのVPS ConoHaレンタルサーバお名前.com VPSでサーバー構築の技術を上げましょう!

○エンジニアの道を目指すならこちらもおすすめです!
⇒ネットワークエンジニアへの技術手順書

⇒サーバーエンジニアへの構築手順書








この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で



  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ネットワークエンジニアとしてまた一児の父として仕事とブログ作成に奮闘中! 自分の身の回りにある興味、趣味をひたすらブログで書きまとめています! 私の子供も発達障害のこともあるので色々調べたことなどアップして少しはお役に立てたらと思っております!

-サーバー技術
-,

Copyright© GOISBLOG , 2018 All Rights Reserved.