【CentOS8】Linuxインターフェースで複数IPアドレス設定方法(セカンダリIPアドレス)

CentOS8で既存のインターフェースへ複数アドレス(セカンダリIPアドレス)を追加したい時に実施する手順をまとめました。

ちなみに以下のように、これまでのやり方で、インターフェースからIPアドレスを追加編集して、ネットワークサービスを再起動するやり方ではうまく反映されません。
CentOS8では全くダメです。

設定インターフェースを編集

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-ensxxx

ネットワーク再起動

systemctl restart NetworkManager.service

これはダメなやつなので以下で設定手順をまとめます。

「CentOS8」インターフェースに複数IPアドレスを追加する方法

インターフェースにIPアドレスを追加する前に事前に対象のインターフェースを確認します。

今回の対象のインターフェースは「ens192」となります。

$ nmcli connection show
NAME     UUID                                  TYPE      DEVICE
ens192   fabfb3cb-3729-40dd-913d-d24733584cff  ethernet  ens192

以下コマンドで「ens192」にIPアドレスが既に設定されていることがわかります。

$ ip addr show
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN group default qlen 1000
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 ::1/128 scope host
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: ens192: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc mq state UP group default qlen 1000
    link/ether 00:50:56:81:a2:1f brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 192.168.1.150/24 brd 192.168.1.255 scope global noprefixroute ens192
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 fe80::83cd:b039:7ba6:80fc/64 scope link noprefixroute
       valid_lft forever preferred_lft forever

追加IPアドレスを「nmcli」コマンドで実施

上記、該当の「ens192」インターフェースにIPアドレスを追加します。
コマンドは「nmcli」コマンドを実施し、追加のIPアドレスを設定します。

IPアドレス追加後、「nmcli connection up」コマンドを実行します。

$ nmcli connection modify ens192 +ipv4.addresses 192.168.1.152/24
$ nmcli connection up ens192
接続が正常にアクティベートされました (D-Bus アクティブパス: /org/freedesktop/NetworkManager/ActiveConnection/3)
$

「ip addr」コマンドで「ens192」に新たにセカンダリIPとして「192.168.1.152」が追加されたことが確認できます。

$ ip addr show
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN group default qlen 1000
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 ::1/128 scope host
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: ens192: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc mq state UP group default qlen 1000
    link/ether 00:50:56:81:a2:1f brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 192.168.1.150/24 brd 192.168.1.255 scope global noprefixroute ens192
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet 192.168.1.152/24 brd 192.168.1.255 scope global secondary noprefixroute ens192
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 fe80::83cd:b039:7ba6:80fc/64 scope link noprefixroute
       valid_lft forever preferred_lft forever

別の機器から「192.168.1.152」への通信ができることが確認できます。

$ ping 192.168.1.152
PING 192.168.1.152 (192.168.1.152) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 192.168.1.152: icmp_seq=1 ttl=64 time=0.143 ms
64 bytes from 192.168.1.152: icmp_seq=2 ttl=64 time=0.192 ms
64 bytes from 192.168.1.152: icmp_seq=3 ttl=64 time=0.138 ms
64 bytes from 192.168.1.152: icmp_seq=4 ttl=64 time=0.106 ms

「CentOS8」セカンダリIPアドレス削除

上記はIPアドレス追加設定でしたが、以下はIPアドレスの削除となります。

$ nmcli connection modify ens192 -ipv4.addresses 192.168.1.152/24
$ nmcli connection up ens192
接続が正常にアクティベートされました (D-Bus アクティブパス: /org/freedesktop/NetworkManager/ActiveConnection/9)

該当のIPアドレスが削除されていることが確認できます。

$ ip addr show
1: lo: <LOOPBACK,UP,LOWER_UP> mtu 65536 qdisc noqueue state UNKNOWN group default qlen 1000
    link/loopback 00:00:00:00:00:00 brd 00:00:00:00:00:00
    inet 127.0.0.1/8 scope host lo
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 ::1/128 scope host
       valid_lft forever preferred_lft forever
2: ens192: <BROADCAST,MULTICAST,UP,LOWER_UP> mtu 1500 qdisc mq state UP group default qlen 1000
    link/ether 00:50:56:81:a2:1f brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 10.180.197.150/22 brd 10.180.199.255 scope global noprefixroute ens192
       valid_lft forever preferred_lft forever
    inet6 fe80::83cd:b039:7ba6:80fc/64 scope link noprefixroute
       valid_lft forever preferred_lft forever
3: docker0: <NO-CARRIER,BROADCAST,MULTICAST,UP> mtu 1500 qdisc noqueue state DOWN group default
    link/ether 02:42:4e:9b:94:82 brd ff:ff:ff:ff:ff:ff
    inet 172.17.0.1/16 brd 172.17.255.255 scope global docker0
       valid_lft forever preferred_lft forever

以上がCentOS8でインターフェースにIPアドレスを複数追加設定する手順となります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

blank

インターネット関連のSEをやっています。 ネットワーク、サーバー、ストレージ、仮想基盤まで幅広く手を出しており、MVNOの構築経験もあります。 現在は、Pythonを使ったプログラミングの開発をしネットワークの自動化ツールを作成しています! Pythonの入門書も作成しているので、ぜひ参考にしてください!